FC2ブログ
2019-05-13

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190510_133846.jpg

お品書きは、

新玉ねぎとコーンの粒マスタードマリネ
春キャベツのニラドレッシングサラダ
薬膳スープ
ベトナム式トマトビーフシチュウ
黒米とハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190510_135648.jpg

カボチャと緑豆のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

昼間はぐっと日差しも強く、真夏日になる日も増えてきましたね。
湿度がまだ低めなのでからりとした感じですが、それだけに室内外の気温差、朝晩と昼の気温差もあるので、
うまく調整して新緑のシーズンを楽しみたいですね。

さて一品目は、旬のうちにたっぷり食べておきたい新玉ねぎのマリネです。
玉ねぎには気や血の巡りをスムーズにして体を温める働きがあり、コーンには水はけを良くしてくれる働きがあります。
辛みの少ないこの時期ならではの新玉ねぎのシャキシャキにコーンのぷちぷち食感が好相性の組み合わせです。
お次は、やはり旬の甘みが特徴の春キャベツに青紫蘇、カイワレなど合わせてニラたっぷりの自家製ドレッシングをかけたサラダ。
春野菜の甘みはストレスで弱りがちな胃腸の働きを助けてくれますし、紫蘇の香りは気を巡らせてストレスの軽減にアプローチしてくれます。
カイワレのほんのりピリッとした辛みも程よい刺激になりますね。

メインは、強い日差しから肌を守る抗酸化作用たっぷりのトマトが主役の煮込みです。
あまりイメージにないかもしれませんが、ベトナムやインドネシアなど南国では意外にトマトをたくさん使った料理が多いのです。
やはり暑い国ならではの知恵かもしれませんね。
牛肉やマッシュルームも入って後口さっぱりしたビーフシチュウのようでもあり、ベトナムらしくフレンチの影響もうけている一品です。
現地ではバゲットと一緒に食べることが多いようですが、ご飯にもばっちり合うのです(^^♪

デザートは、カボチャに皮むきタイプの緑豆を合わせ、ココナッツミルクをかけたものを。
体の余分な熱を払って解毒作用もある緑豆はこれからの時期に向いている食材です。

食後のお茶は、お腹を温めて血の巡りをスムーズにし、お肌のくすみにもアプローチしてくれると言われるライチをブレンドした紅茶を。

明日明後日は店休日をいただきまして、16日木曜日からはまたがらりと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、フィリピン式の豚肉と野菜のしょうゆ煮込みです。
見た目ボリュームありますが、後口さわやかな夏向きの一品。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ