FC2ブログ
2019-02-04

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20190131_122904.jpg

お品書きは、

カブの柚子風味マリネ
黒目豆とポテトのスパイスサラダ
薬膳スープ
大根と牛スジ肉の韓国風しょうゆ煮込み
黒米とモチキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20190202_122612.jpg

デザート:杏仁ブラマンジェ
ジンジャールイボスティー

以上でございます。

引き続きインフルエンザも警報レベルで流行っているようですので、身体をしっかり温めつつ、肺や呼吸器のケアでウイルスを取り込まないよう、また「お腹のカゼ」などにも注意して行きたいですね。

さて一品目は、旬のカブの美味しさを活かした浅漬け風。
無農薬の柚子を入手した時に仕込んだハチミツ漬けと塩糀を使って、
サッパリといくらでも食べられてしまう味です。
カブは温性、柚子は涼性と「冷やす、温める」方向は違うのですが、いずれもそれぞれの働きで胃腸の働きをアップしてくれる組み合わせです。
カブの甘みと柚子のほろ苦い香りの相性も抜群です。

お次は、気を補ってやはりお腹の消化能力を高めるするのに役立つ豆とジャガイモのコンビ。
黒目豆、写真では解りにくいですが、大豆より一回り小さなサイズのベージュのお豆さんの真ん中だけポチッと「目玉おやじ」のように黒いのです。
下茹でしているとその黒い部分から少し色素が溶けだして、煮汁はうっすらグレーになります。
中央アジアなどでは、カレーの具にもなりますね。
今回はクミンやコリアンダーなどカレーに使われるスパイスもほんのりきかせました。

薬膳スープの生薬には引き続き血をしっかり補う地黄などを入れているので、やや黒目の仕上がりです。
苦そうに見えますが、苦みは全くありません(^^♪

メインは、冬の寒さで体が縮こまるときにぴったりな、牛スジと大根、もやしなどの煮込みです。
牛スジは、身体を温めて筋肉や関節などを補強してくれます。
前の日からじっくり下煮して、トロトロに仕上げました。
ちょっとすき焼き風な味に韓国唐辛子やキムチが入って、ピリ甘辛さが食欲をそそります。
「この煮汁で、ごはん3杯ぐらいいける」と仰って下さったお客様も(^^♪

デザートは、杏仁豆腐をとろりとクリーミイにブラマンジェ風に仕立てたもの。
「杏仁」も実は肺を潤して咳止めなどに使われる生薬ですので、杏仁豆腐って元祖薬膳スイーツみたいなものですね。
藍布の杏仁ブラマンジェには、貝母(バイモ)という、やはり肺や喉に効く生薬も少しだけ入れています。
香港や台湾などのコンビニには、貝母入りののど飴なども普通に売っています。

食後のお茶は、引き続き体をしっかり温めて寒さを散らす、ジンジャーをブレンドしたルイボスティーです。

明日明後日は店休日をいただきまして、7日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、大豆と豚ばら肉をネギや生姜たっぷりの煮汁で煮込んだ中国風のおばんざいです。
どうぞお楽しみに。

スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ