FC2ブログ
2018-10-23

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20181020_131439.jpg

お品書きは、

カボチャとインゲンの粒マスタードサラダ
大根と紫ニンジンのサラダ・梅味噌ドレッシング
薬膳スープ
鶏肉とサトイモの中国風ネギしょうゆ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け

そして、

IMG_20181020_132136.jpg

デザート:黒ゴマたっぷりクリームプリン
桂花烏龍茶

以上でございます。

一品目は、身体を温め気を補うカボチャのホクホクした甘味を活かしたサラダです。
トッピングにはクラッシュアーモンドもたっぷり。このアーモンドも、血行を良くして手先つま先の冷えを改善してくれるので、
これからの季節、料理にもうまく活用して行きたいですね。
ホックリしたカボチャとカリカリアーモンドの食感のコントラストも、美味しさアップの要素です。

お次は、肺を潤してのどの炎症を鎮める働きのある大根と、ポリフェノールたっぷりの紫ニンジンの色のコントラストも面白いサラダです。
写真ではちょっと判りにくいですが、紫ニンジンと一緒に血を補うグリーンレーズンも和えています。
6月に仕込んだ青梅の味噌漬けをベースにしたドレッシングを合わせました。

薬膳スープの生薬は、肺を潤す百合(ヒャクゴウ)や、血を補う当帰(トウキ)、気を補う黄耆(オウギ)などをブレンド。

メインの煮込みは、秋らしくサトイモを使った中国式の煮込みです。
脾(消化機能)を助け、消腫作用もあるとされるサトイモと、やはり気を補って消化にも負担のかかりにくい鶏肉を合わせ、葱と生姜と干しシイタケの旨みたっぷりの醤油ベースの味付けでじっくり煮込んでいます。
老抽と言うたまり醤油のような色の濃い醤油を使っていますが、塩分は見た目よりずっと低い、まろやかな味わいです。

デザートは、腸を潤して便秘などにもよく、髪や肌のケアにもなる黒ゴマう吸ってたっぷり入れたクリーミーなプリン、
食後のお茶は、身体を温める桂花(キンモクセイ)をブレンドした烏龍茶を。
キンモクセイの甘い香りと烏龍茶のきりっとした香りが合わさって、初めて飲んだと言うお客様にも好評でした(^^♪

今日と明日は店休日をいただいており、明後日25日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、インドの西海岸の街ゴアに伝わるレシピをベースにした、豚肉とサトイモのカレーです。
サトイモのカレー?!と、ビックリされますが、インドではむしろ、豚肉を使う地域の方が非常に限られています。
ジワリとした辛味と、ほんのり後口の酸味で、豚肉のコクがありながらさっぱりとしているカレーです。
デザートは、喉を傷めやすいこの時期にぴったりの、杏仁を使ったふるふるのブラマンジェを。
どうぞお楽しみに。
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ