FC2ブログ
2018-09-10

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20180908_114413.jpg

お品書きは、

厚揚げのベトナム風トマト煮
レンズ豆とポテトのサラダ・らっきょう黒酢漬けドレッシング
薬膳スープ

そして、

IMG_20180908_114928.jpg

夏野菜と豚肉のフィリピン風しょうゆ煮込み
アワと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:皮むき緑豆とさつま芋のココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

一品目は、お肌を潤す豆腐と紫外線ケアも期待できるトマトを、お腹を冷やさずに食べられる、
この時期にぴったりなベトナムのおばんざいです。
唐辛子も特別なスパイスも使わないので、どなたでも抵抗なく召し上がっていただけますし、
藍布で味わってからご家庭のレパートリーに採り入れて下さっているリピーターの方もいらっしゃいます(^^♪

お次は、胃腸を助ける豆と芋のコンビです。
6月に仕込んだラッキョウの黒酢漬けをベースにした、ちょっと変わり種のドレッシングで和えてみました。
ラッキョウは夏の暑さに疲れた心臓を補ってくれますし、体を温めるアイテムでもあります。
黒酢も血の巡りを良くして、疲労回復にも役立ちますね。

メインは茄子やインゲン、玉ねぎなどたっぷりの野菜と、疲労回復のビタミンが豊富な豚肉を、
醤油ベースのあっさりした味で煮込んだもの。
フィリピンの「アドボ」と言う料理がベースになっています。
元々は「肉のアドボ」「野菜のアドボ」など食材別に作るのですが、藍布では、肉の旨みを野菜に吸わせることで美味しさアップになると思って一緒に煮ています(^^♪
「秋茄子は嫁に食わすな」と言うちょっと意地悪な感じの諺がありますが、茄子は涼性なので、赤ちゃんを産む女性は冷やし過ぎに注意、という解釈を選びたいなと思います。
というわけで、玉ねぎやニンニクなど温め素材も一緒に煮込んで、お腹を冷やさず茄子の美味しさを楽しんでいただくレシピでもあります。
茄子もインゲンもじっくり味を含ませているので見た目の色はくすんでしまっていますが、ご飯との相性の良さは保証します(^^♪

今週のご飯は、消化機能を助けるアワと、腎を補ってエイジングケアにもなる黒米をブレンドしました。

デザートは、ぷちぷちの食感が楽しい皮むきタイプの緑豆と、これから出番が増えてくるさつま芋のココナッツミルクを。
清熱と解毒の働きが期待できる緑豆は主に春夏に向いた食材ですが、お腹を助ける働きもありますし、この食感も楽しいので、脇役としてこれからも時々登場するかもです。

養生のお茶は、スッキリとした香りがリラックスできるベトナムのハス茶を。

先週は、自然の力に圧倒される日々でした。
風の怖さ、水の怖さ、そして大地の揺れの怖さをまざまざと見せつけられました。
まだらんぷ店主自身も気持ちはざわついたままですが、幸いなことに、店は営業が出来ております。
本当にありがたいことです。
目の前の一日を頑張っておいしいご飯を提供する場所を保つ、それが今自分が出来ることだと思います。
「美味しく食べて元気になれるアジアのごはん」、
こんな時こそ肝に銘じねばと思います。

明日明後日は店休日をいただいて、13日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、秋を感じさせる「韓国風炒り鶏」です。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ