FC2ブログ
2018-07-16

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

お品書きは、

冬瓜の干しエビ炒め冷製
厚揚げと茹で野菜のインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、
IMG_20180712_135503.jpg

夏野菜たっぷりタイのココナッツ緑カレー
アワと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:緑豆とカボチャのココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

すみません、野菜料理とスープの写真がうまくアップできなくて、後ほどまたあらためてトライします(^^ゞ

さて、一品目は、体の水捌けを良くしてむくみなど改善する冬瓜に、干しエビを合わせて炒め煮にし、ひんやり冷やしたもの。
エビは体(特に下半身)を温めますから、冷え症でむくむタイプのひとに特におすすめの組み合わせです。
淡白な冬瓜がエビの旨みを吸って、グッとおいしくなるのです。

お次は、厚揚げやジャガイモ、インゲン豆などの茹で野菜にピーナッツのペーストやサンバルと言うインドネシアの唐辛子味噌を使ったピリ甘辛いタレをかけたサラダ。
暑いからと生野菜ばかり取るとお腹が冷えてしまうので、こうした加熱野菜のサラダも時々摂りたいものですね。

メインは、茄子やズッキーニ、ヤングコーンなどをたっぷり入れたタイのココナッツ緑カレー。
店の庭で育てているマックルー(こぶみかん)の葉を惜しげなく入れているせいか、カレーのグリーンが更に映えて、香りも爽やかです。
マックルーの葉っぱは香りづけだけですが、この柑橘系の香りが、気を巡らせて胃腸の働きを調えてくれるのです。

ご飯は、消化機能を助けて体の熱を冷ますアワを多めに、腎を補う黒米を冬場より控えめにブレンド。

デザートは、清熱と解毒の働きのある緑豆と、気を補ってお腹を温めるカボチャを組み合わせ、ココナッツミルクをかけたもの。

養生のお茶は、暑気払いにぴったりな爽やかな甘い香りのベトナムのハス茶でした。

この週末は、本当に暑くて、昼間は外に出るのも億劫になるような陽射しの強さでした。
そんな中、ランチにお茶に、日陰の少ないきたまちエリアを歩いてお越しいただき、感謝です(^^♪
「暑い中ありがとうございます」と申し上げたら、「いやぁ、藍布さんのごはんで元気をチャージしようと思って」と言うとても嬉しいお声も頂戴しました。
さらに頑張って、夏を乗り切る献立をご用意せねばと思っております。

明日明後日は店休日をいただきまして、19日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。

お次のメインは、夏野菜と鶏肉のフィリピン風しょうゆ煮込みです。隠し味に酢を使っていて、後口がさっぱりしているので、食欲がいまいちと言う時でも難なく食べられる、ご飯に会う煮込みです。
どうぞお楽しみに。




スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ