FC2ブログ
2017-12-28

養生ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20171222_120244.jpg

お品書きは、

カリフラワーとジャガイモのアラブ式黒ゴマソース
紅白カブの塩麹ドレッシングサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20171222_120909.jpg

大根と牛スジともやしの韓国風しょうゆ煮込み
黒米とモチキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:カボチャクリームのココナッツミルク
陳皮とバラの紅茶

以上でございます。

一品目は、茹でたカリフラワーとジャガイモに、アラブ地域でタヒーニと言われるゴマダレをかけたもの。
現地では白ゴマを使ったベージュ色のたれですが、藍布では谷町時代から黒ゴマアレンジで野菜料理に使っています。
茹でた野菜や茹で卵などによく合う、クミンの香りがちょっとエキゾチックな、コクのあるたれです。
カリフラワーもジャガイモも、脾(消化機能)を助ける食材。
クリスマスや忘年会など、ついついこってりしたものやアルコールを摂りすぎて、楽しいけれど胃腸はお疲れ気味かも。
健脾作用のある食材をあっさり茹でて、ちょっと食欲をそそるたれやドレッシングでいただくのも、お薦めです。
黒い食材は、このブログでも良く述べている通り、冬に弱りやすい腎を補ってくれます。
黒ゴマ、黒米など、少しづつこまめに摂るといいですね。

お次は旬のカブ、赤と白を彩りよく合わせました。
赤カブは塩で浅漬け、白カブは柚子の皮の千切りと塩糀を少し使ったドレッシングでマリネ風に。
カブは体を温め、胃腸を助ける食材です。

メインの煮込みは、大ぶりに切った大根ともやしに、じっくり下煮して柔らかくした牛スジを合わせて韓国風のピリ辛甘じょうゆ味で煮込んだおばんざい。
大根は喉の炎症などを鎮め、肉類の消化を助けてくれます。
牛スジは、気を補って、冬の寒さに影響を受けやすい腰や膝の痛みの予防や軽減に。
緑豆もやしは清熱解毒の、基本的には夏向き食材ですが、牛スジと一緒に唐辛子などと一緒に煮込むことで冷やす作用が和らぎます。繊維質がたっぷりとれるので、お通じもスムーズになることが期待できます。

デザートは、温めアイテムのカボチャをペースト状にして、米粉でとろみをつけたものに、ココナッツミルクを合わせました。
召し上がったお客様から、「ゴムベラでキレイにすくって食べたい!(笑)」と言う嬉しいお声を頂戴しました(^^)/

養生のお茶は、気の巡りを良くする陳皮と、血の巡りを良くするバラを合わせた紅茶を。
陳皮とバラの香りの組み合わせが毎週好評でした。

おかげさまで、2017年の営業を本日28日、無事に終えることが出来ました。
年末のお忙しい合間に来て下さった方、貴重なお休みのランチに来て下さった方をお迎え出来て、最終日は「どうぞ良いお年を」とご挨拶することが出来ました。

この一年、藍布の養生ランチやカフェタイム、そしてセミナーやイベントなどにご参加いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。
営業は今日までですが、年明け営業からお越しいただく皆様に気分良く過ごしていただけるように、明日からは店内メンテナンスに励みます。
年越しは少し骨休めの時間をいただいて英気を養い、また2018年の養生ランチ、カフェタイムに美味しく食べて元気&キレイになれるランチ&スイーツをご用意できるようにしていきたいと思います。

新年は2018年1月6日土曜日より、営業開始いたします。



スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ