FC2ブログ
2017-07-30

香港旅行記:3

7月10日~13日の香港への漢方研修&胃袋旅行記第三弾です。

中国や中華圏の食文化にしっかり根付いているのが、薬食同源という漢方(中医学)の教えですが、
中でも広東省や香港には、体調に合わせた薬効のある食材・食薬をじっくり煮込んだスープを常食する、
薬膳スープ文化とも言うべき習慣があります。

今回の旅の主要な目的のひとつが、その薬膳スープを食べ歩くこと。
最近少しずつ増えているという香港家庭料理を提供するお店では、中華風のコーンクリームスープやふかひれスープなどとは別に、老火湯という、その日の薬膳スープがメニュウに載っています。

IMG_20170710_202008.jpg

↑例えばこの日、らんぷ店主たちは一人分ずつの白い器(それでもラーメン鉢ぐらいの大きさはゆうにありました)でオーダーしましたが、
お隣の若いカップルにテーブルには、かなり大きな「壺」になみなみと入ったスープが鎮座し、
何度もスープをおかわりしていました。
ベースは豚のスペアリブ(骨の方が多め)、それに杏仁、冬瓜などが入っていました。
穏やかで深みのある、素材の旨みを十分に煮出した味わいでした。

10数種類もの薬膳スープがメニュウにある専門店にも行きました。

IMG_20170711_193315.jpg

IMG_20170711_193302.jpg

↑↑それぞれ、スッポンや牛をベースに、杜仲など煎じ薬に使うような生薬や、食材でもある山薬(山芋の乾燥させたもの)やクコなどを組み合わせて、じっくりと蒸してスープを作ります。
具は食べても食べなくても良し(生薬などは食べられないものも多いです)、煮出したスープが主役です。

IMG_20170711_201140.jpg

↑これは店頭にあった薬膳スープのメニュウ。

勿論、スープだけでなく野菜や肉や魚介の一品料理や炒飯、焼きそばなどのメニュウもあります。
このお店も繁華街から少し外れた、こじんまりとしたお店で、地元の家族連れやカップルが気張らず晩ごはんをと言う感じで訪れていました。

モノによってはかすかな生薬の個性的な香りがありましたが、どのスープも、じっくり時間をかけて素材の旨みと薬効を引き出した、強い味ではないのに深みがあって、香港の暑い夏(とはいえ飲食店は大抵、きついぐらいの冷房ですが(笑))でもするするとお腹に収まるスープで、日中歩き回って疲れた体に沁みわたりました。

藍布の養生ランチのスープも、こうありたいものです。


スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ