FC2ブログ
2017-06-12

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170609_122701.jpg

お品書きは、

キュウリの自家製塩麹漬け・コブミカン風味
夏野菜と緑豆春雨のスパイス炒め
薬膳スープ

そして、

IMG_20170609_123128.jpg


ひよこ豆と鶏ひき肉のケニア風トマトシチュウ
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:カボチャクリームと皮むき緑豆のココナッツミルク
ベトナムのハス茶


以上でございます。

昼間は汗ばむ日も多いですが、朝晩は梅雨のこの時期にしてはひんやりですね。
うっかりカゼなどひかないように気を付けたいものです。

一品目は、爽やかなキュウリの自家製塩麹漬け。
冷やしすぎないように生姜の千切りを多めに、そしてタイ料理によく使うコブミカンの葉を、香りづけに入れています。
柑橘系の爽やかな香りには気を巡らせる働きがあり、消化機能のアップにもつながります。

お次は、ナスやモロッコインゲンなどの夏野菜と緑豆春雨の炒め物。
ナスの色目が春雨にうつって全体に黒っぽい仕上がりですが、お味はカレーに似たスパイスがピリッと効いています。
写真では判りにくいですが、金針菜という鉄分の豊富なユリ科の乾物も入れています。
この金針菜、別名を忘憂草とも言って、文字通りウツウツとした気分を払ってくれるとも言われます。
豊富な鉄分で血を補って、メンタルが安定するという感じですね。

メインは、ひよこ豆と鶏の挽き肉、きのこ類を入れたマイルドなケニア風のトマト煮込みです。
豆で体の水巡りを改善し、鶏肉やキノコで気を補い、トマトでお肌を日焼けの害からケアする取り合わせです(^^)/
トマトをベースにちょっとココナッツミルクのコクも利かせています。

デザートは、カボチャのクリームに皮むき緑豆を甘煮にしたのを合わせ、ココナッツミルクをかけました。
全体に清熱作用の食材が多くなってきているので、バランスをとるために温性のカボチャを。
とろりとしたクリームに仕上げているので、つぶつぶ食感の緑豆と好相性です。

明日明後日は店休日をいただきまして、15日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで、皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、見た目カレーでお味は全く違う、初めての方はまずビックリされるフィリピンのピーナッツ風味のビーフシチュウです。
夏野菜たっぷりバージョンで。
野菜料理は、レンコンとコーンのサラダや、紫外線ケアにピッタリのアラブ式ラタトウィユ冷製を。
デザートには、美肌食材のハトムギを使ったものを予定しています。
どうぞお楽しみに。





スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ