2017-05-29

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!
IMG_20170526_131219.jpg

お品書きは、

レンズ豆と新じゃがのサラダ
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、
IMG_20170527_130349.jpg


鶏と夏野菜のアラブ式トマト煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:紫イモと皮なし緑豆のココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

カラリとして過ごしやすい日が多いものの、日中の陽射しはちょっと目に痛いほどの強さですね(^^;
サングラスや帽子など物理的に、そして体の中からも紫外線ケアの必要性を実感する時期です。

一品目は、胃腸の機能を助ける豆とジャガイモの組み合わせ、ハーブとスパイスのきいたドレッシングで和えました。
見え隠れしている緑色は、ニンジンの葉の軟らかい部分をみじん切りにしたもの。
抗酸化作用たっぷりで、お肌を中から守ってくれそうです。
ほろ苦い感じの香りですが、隠し味的に入れたスパイス類やオリーブオイルと相まって、マイルドな旨みの引き締め役になってくれました(^^♪

お次はこういうカラッと晴れた日に食べたい、豆腐ドレッシングのサラダ。
熱を冷ましてくれるキュウリやレタスを、香味野菜を混ぜ込んだ豆腐の「食べるドレッシング」と合わせて召し上がっていただくもので、いつも「ウチでもやってみよう」と言うお客様が続出です(^^)/
素材が寒涼性のものが多いので、豆腐の中には葱や唐辛子など、温熱性の薬味を入れて調節しています。

メインは、まさに食べる紫外線ケアとも言える、ナスやズッキーニやピーマンなど色とりどりの夏野菜をたっぷり入れた、ちょっとエキゾチックなスパイス遣いのトマト煮込み。
サウジアラビア料理のレシピをべースに作っています。
カラフルな野菜の持つ抗酸化作用、それに漢方的に見てもナスや玉ねぎなどは活血作用があって、血の滞りによってできるシミなどの予防に役立ちます。
温かい煮込みにすること、クミンやコリアンダーなど健胃作用のあるスパイスを入れることで、涼性のトマトやナスも、お腹の冷えを気にすることなくたっぷり食べられますね。

ご飯には、身体の水巡りを良くして肌の調子を整えるハトムギ、やはりポリフェノールを含む黒米をブレンドして、しっかり気を補いつつ紫外線ケアです。

デザートは、紫いもと皮むきタイプの緑豆のココナッツミルク。
紫芋の鮮やかな色も黒米と同じくポリフェノールを含んでいるので、その働きに期待したいですね。
そう言えば南国の沖縄の「紅いも」も、強い陽射しとうまく暮らすための産物かもしれません。
緑豆は、清熱と解毒の力を持つ夏向きのお豆さん。
これからのシーズンちょくちょく登場します(^^♪

食後の養生茶は、爽やかな香りで気を巡らしクールダウンしてくれる、ベトナムのハス茶を。

明日明後日は店休日をいただきまして、6月1日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
早いものでもう6月。そろそろ湿気対応策も心づもりしておかないといけませんね。
次のメインは、豚肉と厚揚げの高菜煮込み。中国の紹興(紹興酒の産地ですね)で食べた料理がベースになってる、ごはんにとてもよく合うおばんざいです。
野菜料理は、夏の主役?キュウリをスパイスのきいたインドネシア風で。
デザートは、身体の水巡りをスムーズにしてくれるハトムギと小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ