2017-03-27

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170324_122018.jpg

お品書きは、

ジャガイモのサブジ(インド風スパイス炒め煮)
春キャベツと香り野菜のラオス風サラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170324_122522.jpg

緑黄色野菜たっぷりのフィリピン式ピーナッツシチュウ
黒米ともちキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:スパイスチャイのプリン
陳皮とライチの紅茶

以上でございます。

今年の3月は寒い日が多いように思っていたら、去年の今頃は満開だった木蓮の花もまだまだ、
桜もソメイヨシノの蕾はまだ固いようですね。
うっかりカゼなどひかないように用心したいものです。

一品目は、いわばインドの煮っ転がし。
新じゃがならではの皮つきの歯ごたえと、マスタードシードのプチプチ感が楽しい料理です。
じゃが芋も消化機能を助ける食材ですが、合わせて使っているクミンやコリアンダーなどのスパイスも健胃作用に優れたもの。
そして実はビールにも合うんですこれ(^^♪

お次は、軟らかい春キャベツに、青じそやカイワレ、赤パプリカなどを山盛りにしてクラッシュピーナッツをまぶし、ピリ甘辛いドレッシングを合わせた、食感も香りも多彩なサラダです。
春先のぼんやりした頭をシャキッと目覚めさせてくれそうです。

メインは、ニンジンやインゲン、玉ねぎをたっぷり使ったフィリピンのビーフシチュウ。
ピーナッツのペーストでコクを出し、米粉でとろみをつけていますから、洋食のデミグラスソースのシチューよりも後口がさっぱりしています。
そしてこのシチュウは、パンよりごはん。と言うかご飯との相性抜群です(^^♪
藍布のランチで、「食べたことない味だけど美味しい」と言うコメントを一番いただく煮込みかもしれません。
ご飯は、腎を補う黒米に、消化機能を助けるモチキビをブレンドしました。

デザートは、インドのスパイスチャイをプリン仕立てにしたもの。
シナモンやクローブ、カルダモンなどをほんのりきかせています。
養生のお茶は、陳皮とライチの香りの紅茶を。
柑橘系の香りは気を巡らせて、ストレスの軽減や消化能力の改善に役立ちます。

明日明後日は店休日をいただいて、30日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、コチュジャンやゴマがきいた、韓国のポーク肉じゃが。
野菜料理は、カブとレンズ豆のサラダほか、デザートはサトイモともち米を予定しています。
どうぞお楽しみに。




スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ