FC2ブログ
2016-11-14

アジア薬膳・今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

IMG_20161110_132641.jpg

お品書きは、

厚揚げのベトナム風トマト煮
ワカメと大根のニラドレッシングサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20161110_134614.jpg

じゃが芋と鶏肉の韓国風みそ煮込み
落花生と黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:白きくらげとさつま芋のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

先週突発的に「師走並みの寒さ」になった後は妙に暖かい陽射し、でも夜になるとやっぱりうすら寒く…、
ニュースの天気予報コーナーでは毎日のように「こまめな服装調節を」と言うコメントで締めくくられますが、
判ってはいてもなかなか間に合わなかったりしますよね(^^ゞ…。
食べるもの飲むもの、寒熱のバランスもですが、しっかり食べて体力を落とさないようにするのも、
うっかりカゼひきさんにならない予防策です。

一品目、身体を潤す食材を温かく食べたいときにお役立ちなベトナムのお惣菜です。
養生ランチではお馴染みですが、はj眼手の方からは斬新な取り合わせに見えるようで、今週も、
作り方などを色々な方からお尋ねいただきました(^^♪

お次のサラダも、ワカメや大根は涼性ですが、ドレッシングにたっぷり混ぜ込んだニラ、そして彩りに添えた赤玉ねぎは、温性の性質を持って冷やし過ぎを防いでくれます。
大根はこれから冬にかけて寒くなるごとに甘みが増して美味しくなってきます。
喉の炎症を鎮めたり、油ものの消化を助けてくれるお役立ち食材ですが、
お腹の冷えが気になる方や、メインでたっぷり食べたいときはおでんやポトフなどで温かくして、
こんな生食サラダの時はドレッシングで一工夫したいものです。
彩りの赤玉ねぎは、みじん切りにして酢漬けにしたもの。
玉ねぎの活血作用で血の巡りもサラサラになり、末端の冷えを防いでくれる期待が持てます。
普通の玉ねぎでもいいですからこんな風に酢漬けにしておくと冷蔵庫で日持ちするので、毎日こまめに摂ることが出来ます。

薬膳スープも、地黄などしっかり体を補うもの、肺を潤す百合が入った秋冬仕様です。

メインは、コチュジャンと味噌のピリ甘辛い味が鶏肉とおじゃがにしっかり絡んだ、韓国の煮込みです。
「あ~、ぽかぽかしてきた~」と言うお声を召し上がっている最中のお客様から今週はよく頂戴しました(^^♪
ご飯には、肺をケアする落花生を茹でたものと、腎を補う黒米、消化を助けるアワをブレンド。

デザートは、お肌のハリを体の中から保つ美肌食材、白キクラゲを使って、さつま芋と合わせてココナッツミルクをかけました。
日本人にとっては斬新なスイーツですが、香港の伝統甘味処のような店では、梨や百合根などと合わせて、肺やお肌のケアをする薬膳スイーツとしてよく見かけます。
さつま芋のホクホクとキクラゲのシャキシャキ、歯触りの違いも楽しんでいただけたようです。

養生茶は引き続き、身体を温め血の巡りをスムーズにしてくれるライチの紅茶を。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、豚と大豆をネギ生姜の風味であっさりかつ滋味深い味でじっくり煮込んだ中国版ポークビーンズです。
野菜料理は、茹で野菜や厚揚げなどにピーナッツペーストで作ったピリ甘辛のソースをかけたインドネシアのサラダなどを。
デザートは、黒ゴマのクリーミイなプリンを予定しています。
どうぞお楽しみに。

スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ