2016-11-28

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

IMG_20161126_115555.jpg

お品書きは、

にんじんとクコ・グリーンレーズンのチリソースマリネ
色々キノコと野菜のシンガポール風ソテー
薬膳スープ

そして、

IMG_20161126_133328.jpg

カボチャとインゲンのタイ風ココナッツ緑カレー
落花生と黒米とモチキビ入りご飯
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:サトイモと小豆のココナッツミルク
バラの紅茶

以上でございます。

きゅうっと冷え込んだり、ぽかぽか陽だまりのぬくもりを感じたり、行きつ戻りつしながら、でも着実に冬に進んでいきますね。
陽の落ちるのも随分早くなりました。
しっかりと補うもの、潤すもの、炎症を鎮めるもの、バランスよく摂りながら何かと慌ただしい年末に備えたいものです。

一品目は、「補う」系の食材をミックスしつつさっぱりした後口のマリネです。
にんじんをメインにクコやグリーンレーズンを脇役に、スイートチリソースやライム果汁でマリネにしたものに、
赤玉ねぎの酢漬けとクルミの刻んだのをトッピング。
血を補うもの、血の巡りをスムーズにするものがギュッと詰まったマリネです。

お次は、カゼやインフルエンザにそろそろ気をつけたいこの時期、しっかり体の防御力を上げていくのにピッタリな、
色んな種類のキノコを主役に油揚げ、青菜、春雨なども合わせて、オイスターソースであっさり味に炒め煮にした温菜です。
シンガポールの地元のフードセンターなどで食べた野菜と春雨炒めが、特になんということもない普通の味付けなのになんだか飽きずに美味しく食べられる、と言うのが気に入って、イメージ再現してみました(^^♪
現地でもちゃんと「お揚げさん」使われています。
豆腐はアジア共通のソウルフードですからね(^^♪
キノコ類も豆腐の原料である大豆も「氣」を補う食材です。
これからの時期、生姜や各種スパイスなど、言わばチャッカマンのように速攻で温めてくれるものだけでなく、気を補う食材をしっかり採り入れて自分のカラダ自らが温める力を産み出していくようにすることもとても大事です。

メインは、ほくほくカボチャたっぷりのタイのココナッツ緑カレー。
冬至にカボチャ、と言われるように、カボチャは温性で、消化に負担がかからず、気を補う働きも持ちます。
タイカレー特有のスパイス遣いとカボチャやココナッツミルクの甘み、コブミカンの葉の香りが相まって、独特な旨みを醸し出します。
召し上がっている間に汗をかく方も結構多いのです(^^♪
ご飯には、肺を潤す茹で落花生と、腎を補う黒米、消化を助けて温める働きのあるキビを合わせました。

デザートは、サトイモと小豆のココナッツミルク。
消化機能を助けて、消腫作用もあると言われるサトイモのとろんとした食感に小豆の甘みとココナッツミルクの風味が好相性で、初めて召し上がったお客様からはほぼ必ず(笑)驚かれるデザートです。
ぬるぬるネバネバ系はお肌にも良いと言われますから、乾燥が気になってくるこの時期には、色々な形で食卓に載せたい食材ですね。

養生のお茶は、血の巡りをスムーズにすると言われるバラの香りをブレンドした紅茶を。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで、皆様のお越しをお待ちしております。
(水曜通常営業は、これが最後となります。12月からは火曜&水曜定休となります)

お次のメインは、ベトナム版ビーフシチュウ(^^)/
ベトナムフレンチの代表的メニュウかもしれません。バゲッドにも勿論あいますが、養生ランチではやっぱりご飯と。
どちらでも不思議に馴染む味なのです。
野菜料理は、今からどんどんおいしくなってくるカブを使って、レンズ豆などと合わせたさっぱり味のマリネなど。
デザートは、冬にしっかりケアしたい腎を意識して、黒ゴマのおしるこを予定しています。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ