FC2ブログ
2016-11-21

アジア薬膳:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20161117_133138.jpg



お品書きは、

キャベツの自家製塩麹漬け・柚子風味
厚揚げと茹で野菜のインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、
IMG_20161117_133512.jpg


大豆と豚ばら肉の中国風ネギ醤油煮込み
落花生と黒米ともちキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:黒ゴマのクリームプリン
ライチ紅茶

以上でございます。

暖かい日も多いですが、季節は着実に冬に向かっているようで、陽の落ちるのが随分と早くなってきました。
営業を終えて次の日のための買い物に出る時にはすでに薄暗く、お蔭でなかなか近隣の紅葉っぷりも確かめられなかったのですが、先日仕込みに入る前の早朝にちょっと散歩してきました。
大仏池の周りの樹々は紅色に黄色に鮮やかでした!
IMG_20161120_073539.jpg

大銀杏もまっきっきー。下もまっきっきーの絨毯。
その上をモデル気取りの鹿さんたちが(写真には写っていませんが、右側にカメラマンがズラ~リ)。



IMG_20161120_073954.jpg


さて、そんな週の一品目はキャベツの塩麹、養生ランチではお馴染みの胃腸調え系のおばんざいですが、
今回はちょうど無農薬の柚子が手に入ったので早速皮を千切りにして混ぜ込みました。
柚子の爽やかな香りはこういう浅漬けにピッタリ、理気作用も抜群ですね(^^♪
香りで食欲をそそられる、同時に胃腸の働きも「よしっ、消化して活動力に替えるゾ」と、待ち構えてくれるように思います。
気のめぐりは食べたものの代謝にも密接にかかわってきます。

お次はインドネシアの「カチャンソース」という、ピーナッツのペーストにサンバル(唐辛子の発酵調味料)などを混ぜ込んだ、ピリ甘辛でコクのあるたれを厚揚げや茹でたジャガイモなどにかけたサラダ。
このカチャンソースは、茹で卵や茹でた野菜にはたいてい何でもあいます。現地だと、作り立ての温かいソースじゃぶじゃぶかかってるホットサラダと言う感じで、結構ボリュームあります。
ジャガイモ、サツマイモなど芋類はお腹を調える働き、一番大事な気を補う力もしっかり持っているので、
色々な調理法で飽きずに秋冬のシーズン採り入れたいものですね。

メインは、大豆と豚肉を、葱と生姜の千切りをたっぷり入れたしょうゆ味で軟らかく煮込んだ中国のお惣菜。
元はコレ、大豆と豚足で作る、妊産婦さんのための母乳の出を良くする薬膳です。
バラ肉を使っていますが、下茹ででコトコトにている時に出てきた余分な脂は取り除いていますので、召し上がった皆さん「バラ肉なのに、あっさりしてる~、胃に重い感じがしなくていい」と仰ってくださいます(^^♪

ご飯は先週に引き続き、肺をケアする落花生と腎をケアする黒米、そして、アワの代わりにもちキビを入れました。
アワもキビもどちらも脾(胃腸の消化機能)の力をアップする働きがありますが、涼性のアワに比べてキビの方は温める力を持っています。

デザートは、髪の毛とお肌に中から栄養をと言う黒のすりゴマたっぷりのクリームプリンです。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、ホクホクカボチャをたっぷり入れたタイのココナッツ緑カレー!!
野菜料理は、ナッツ類やドライフルーツも入れたにんじんのチリソースマリネや、免疫アップのためのきのこ色々使った炒め物などを。
デザートは、サトイモと小豆のココナッツミルクを予定してます。
どうぞお楽しみに。
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ