2016-10-31

アジアの薬膳:今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

IMG_20161027_115744.jpg



お品書きは、

ナスとキャベツの自家製塩麹漬け・陳皮風味
カボチャとインゲンの粒マスタードサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20161027_120139.jpg

白い根菜と豚ばら肉のベトナム風ポトフ
黒米とアワとハトムギ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋のモンブラン・ココナッツミルク添え
ライチの紅茶

以上でございます。

朝晩、ぐぐっと冷え込むようになりましたね。
手足の指先が冷たいと感じる季節になりました。
お腹を温めるとともに末端までの結構もスムーズに流れるようにしていきたいものです。

さて一品目、活血のナス、胃腸を調えるキャベツをそれぞれ塩麹で浅漬けサラダに。
風味付けの生姜と陳皮いずれも、お腹を温めて消化を助ける生薬でもあります。
ナスは瘀血を改善してくれますが、冷やす力が強いので、そろそろ量も控えめに、また食べるときは温かくするか、
生姜や唐辛子など温めスパイスとの組み合わせで。

お次はこの時期からもどんどん使って行きたいカボチャ。インゲンと一緒に粒マスタード多めの調味料で和えて、
甘味と酸味のバランスをとったサラダにしました。
この「粒マスタードサラダ」、大阪の谷町時代からよくお作りしていますが、ホクホクカボチャの甘みを程よく引き締めてくれるせいか、男女問わずお客様にご好評いただきます(^^♪
サンドイッチの具にもなりますし、汁気が出ないのでお弁当にもいいですね。
またレシピでご紹介しようかな。
(と言ってレシピアップしていない例が最近多い気がするので、スミマセン、時間とってまたそのうち…ナントカ…)
トッピングした刻みクルミも、「潤燥」の働きがあり、体の内側から肌を保湿し滑らかにしてくれます。
「脳みそに形が似てるから頭が良くなる」、何て昔の人は言ったそうですが、確かに脳の働きにも役立つ良質の油分を含んでいます。

薬膳スープも、肺を潤す生薬などと共に、少しずつ温め系を増やしていこうかと思います。

メインは、この時期の空咳や乾燥をケアする大根・レンコンなどと体を温める玉ねぎと言った根菜類たっぷりに、疲労回復に効く豚肉を合わせたベトナム風ポトフです。
このところ、ご来店のお客様の装いもぐっと秋めいてきて、カラフルなマフラーやニット帽、目の詰まった暖かそうな上着の方も増えましたが、このポトフ食べ終えられる頃に上着を脱いだり袖をまくったりしている方が何人かいらっしゃいました(^^♪

デザートは、口当たり滑らかに仕上げたさつま芋のモンブラン。
カボチャもそうですが芋類も、ホクホク系は秋冬にしっかり体を温め気を補ってくれる頼もしい食材です。
ココナッツミルクとの相性もとても良いのです。

養生茶は、香りで気血の巡りをスムーズにして、身体を温めるライチの紅茶を。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日(は、もう11月ですね!)からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、中国の家庭料理、鶏とサトイモを葱や生姜のきいたしょうゆ味でこっくり煮込んだものを。
ご飯との相性抜群で、カゼ予防にもなる煮込みです。
デザートには、スパイスをきかせたチャイの味わいをプリン仕立てでご用意しようかなと。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ