FC2ブログ
2016-08-15

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160810_1205~01

お品書きは、

トマトとニンジンとドライフルーツのチリソースマリネ
きのこたっぷり炒め春雨
薬膳スープ

そして、

160810_1355~01

夏野菜のフィリピン式ピーナッツ風味のビーフシチュウ
緑豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:黒ゴマクリームプリン
ベトナムのハス茶

以上でございます。

この週は11日に「食べておいしい 学んでたのしい ごはんセミナー」があり、
ご参加の皆様にも同じものを召し上がっていただきました。
暑さと湿気を払いつつ、蓄積してきた夏疲れもしっかりケア、暑い中にも少しずつ明確になる秋の訪れも意識して行きたい時期の養生ランチです。

一品目。トマトの生食が美味しい時期に、何度でも作りたいチリソースマリネ。
日焼け防止と、知らぬ間に日焼けしてしまった分の両方のケアの期待を込めて、
ニンジン、グリーンレーズンやクコなど、体の中から栄養分をしっかり補う=補陰のアイテムを組み合わせました。
味付けに使ったスイートチリもですが、トマトの酸味とドライフルーツ類の甘みがタッグを組んで、これまた補陰の力がアップです。
「これ美味しいわ~、残った汁まで飲んじゃった」と言うお客様もよくいらっしゃいます。
藍布では、ドレッシング類は極力手作りして漬け汁も飲み干せるぐらいの味を心がけていますので、嬉しいコメントでした。
お次は清熱の緑豆春雨にお疲れ気味の体を補って免疫力の底上げをするきのこ類色々、薄揚げも刻んで炒めたもの。
味付けはカピ(タイのエビみそ)とナンプラーの、発酵コンビです。
どちらも生で匂いを嗅ぐとなかなかに癖の強い個性的な感じですが、程よい量を使って炒め物などすると、
ぐんと奥行きの深い、かつあっさりとした味に仕上がります。

薬膳スープには、身体の水捌けを良くする茯苓や、穏やかに気を補ってくれる黄耆などをメインに、当帰などちょっと補血の物も入れています。

メインは、見た目カレーで味は全くベクトルの違う、フィリピンのシチュウです。
ナスやインゲンそれに玉ねぎを山盛り入れ、ピーナッツペーストでコクを出しています。
殆どの方は、初めての味ながらご飯が進むのに驚いてくださいます。
これから秋に向かって急速に乾いていくときに、こうしたナッツ系のものを上手く使うと呼吸器のケアをしてくれますし、
お肌を中から補修して行くのにも役立ちます(でも、血の気の多い方やのぼせやすい方は、種実類を食べすぎると鼻血や吹き出物のもととなりますので、ほどほどに)。
ご飯は引き続き、清熱と解毒の緑豆に消化の力を支えてくれるアワをブレンド。

デザートは、日焼けのダメージが気になる髪や肌へのケアと言うことで、
黒のすりゴマをどっさり混ぜ込んだクリーミイなプリンです。
生クリームは使わず酒粕ペーストでコクを出していますので、後口も重さが残りません。
養生のお茶は、香りが好評のベトナムのハス茶を。
ハスの花はクールダウンの働きがありますし、清涼感のある香りで気のつまりをほぐしてくれそうです。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております(^^)/

お次のメインは、マレーシアのココナッツチキンカレーです。
ココナッツのコクがあって甘味もありつつ、ジワリとくるスパイスで、補気の食材・鶏とジャガイモを煮込みます。
野菜料理にはトマトと厚揚げのベトナム風煮込みや、キュウリのスパイシーなマリネ風サラダなどを。
デザートは、潤い補給のパイナップルとクコのぷるるんゼリーです。
どうぞお楽しみに。







スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ