FC2ブログ
2016-08-08

奈良のアジア薬膳、今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160804_1356~01

お品書きは、

枝豆とコーンとポテトのスパイスサラダ
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、

160806_1335~01
豚バラ肉と夏野菜のフィリピン風しょうゆ煮込み
緑豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:仙草ゼリーとマンゴーのココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

猛暑日に熱帯夜、夏疲れもだいぶ蓄積している方も多いのではと思います。

一品目、スパイス遣いで食欲をそそろうと言うサラダです。
枝豆とコーン、どちらも体の中の水巡りを良くして澱んだ湿気を追い払うのに役立つ食材。
じゃが芋はダウンしつつある消化機能を補ってくれます。
夏のイメージが無いポテトサラダも、こんなアレンジをすると朝食のパンにも、夕餉のビールにも合います(^^♪
辛味を控えてクミン、コリアンダーをきかせました。どちらも胃腸の働きを助けてくれます。
お次は、この時期何度かお作りする、豆腐を薬味や調味料と合わせて「食べるドレッシング」にした人気のサラダです。
今回は、6月に漬け込んだ黒酢らっきょうの小口切りと、漬け汁を合わせた「お腹温めと疲労回復」狙いのドレッシングです。
暑さで火照った顔や腕や背中の熱気は取り除きたいけど、冷やしたくないのが胃腸です。
今回は、キュウリやサニーレタス、パプリカなどと合わせました。

メインは、フィリピン料理の「アドボ」をベースにした、醤油ベースの煮込みです。
豚ばら肉にナスとインゲンを合わせました。
本来の作り方にはないのですが、藍布では、千切りの玉ねぎもどっさり入れます。
ゆっくり煮込んで、浮いてきた余分な脂は取り除いています。
「バラ肉なのに、するするといただけたワ~。」「全然しつこくなかった。」と言う嬉しいお声を頂戴しました。
豚肉は、身体に熱をこもらせずに、必要な滋養を補ってくれます。
現代の栄養学でも、タンパク質と共に豊富なビタミンB群が疲労回復に役立つとされていますね。
コクを残しつつ脂っこさを取り除いて、上手く活用したい食材です。

ご飯には、清熱と解毒の緑豆に、胃腸を助けるアワをブレンドしました。

デザートは一見コーヒーゼリーにも見える「仙草ゼリー」に、マンゴー果肉とココナッツミルクのソースを合わせました。
見た目真っ黒ですが味は淡白なこのゼリー、台湾や香港、シンガポールなどでよく食べられています。
身体にこもる熱を取り除いてくれるので、陸の寒天みたいなものですね。

養生茶は、初めて飲む方にもスッキリした香りが好評な、ベトナムのハス茶でした。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、またもやフィリピンですが、今度はピーナッツ風味のビーフシチュウです。
夏野菜をたっぷり使いつつ、身体や呼吸器の潤い補給など、ほんの少しずつ、秋を意識して行きます。
野菜料理は、紫外線対策のトマトやニンジンをたっぷり使ったチリソースマリネや、春雨の炒め物などを。
デザートは、ゴマたっぷりのクリーミイなプリンを予定しています。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ