FC2ブログ
2016-07-19

奈良のアジア薬膳・昨日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!
(一日遅れてすみません)

160714_1530~01

お品書きは、

じゃが芋とにんじんの細切り黒酢炒め
キュウリとコーンのアチャール(インドネシア風スパイスマリネ)
薬膳スープ

そして、

160714_1533~01

サーディンと夏野菜のマレーシア風ココナッツカレー
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:八宝みつ豆・夏バージョン
ベトナムのハス茶

以上でございます。

13日の「食べておいしい 学んでたのしい ごはんセミナー」も、この季節の養生を学ぶと言うことで、
お出ししたのはこのメニュウです。
参加された皆様は当日を思い出しながら、そうでないかたも、それぞれの生活の中で「夏のピークを乗り切る」つもりで、
お読みいただければとても嬉しいです(^^♪

さて一品目、初めての方はほぼ「タケノコ?」と仰るじゃが芋細切り。
食感も、ホクホクと言うよりシャキシャキで、じゃが芋の意外な一面を楽しめます。
夏の主役野菜ではないですが、お腹の調子を整えるお芋さん、重要な脇役として上手く使いたいものです。
黒酢で炒めて、夏バテ防止とアンチエイジングにも一役買ってくれることを期待しつつ。
炒めた直後は酢の匂いが立ちますが、粗熱をとって冷蔵庫で冷やすと、酸味が落ち着いてさっぱりとした旨みに変わります。

お次は夏らしい一品、キュウリとコーンです。
どちらも体の水巡りをスムーズにして、湿気が溜まってだるくなったりむくんだりを防いでくれます。
マスタードシードやターメリック、チリなどのスパイス遣いで食欲を増進するとともに、
キュウリでお腹が冷えすぎるのを防ごうと言うやり方です(^^♪
カレーっぽいスパイスがメインの味ですが、ほんのり甘酸っぱい味も絡んでいます。
良くお伝えしているように、酸味と甘みを合わせて摂ると、体の中で「化陰」、」必要な潤いを産み出してくれます。

薬膳スープのベースは一年を通して変わらず、鶏の足の先をじっくりゆっくり煮出して成分を抽出していますが、
今の時期の生薬は、茯苓などやはり体の水捌けを良くして、健脾作用のあるものをメインに。

メインは、マレーシアのココナッツカレーです。
サーディン(イワシ)と、パプリカやピーマンなどのカラフル野菜をたっぷり。
他に玉ねぎと、トマトも入っています。
サーディンは煮崩れて殆ど煮汁と一体化していますが(^^;;、その分、魚の旨みがカレーの汁に移っていて、
スパイス遣いとココナッツミルクとのコンビネーションで、いわゆる青背の魚が苦手な方でも美味しく召し上がっていただけるかと思います。
「ごはんセミナー」でも好評をいただき、帰宅後早速、同じ材料はそろわないけれども、サバの水煮と夏野菜、家にあるスパイスやココナッツミルクでカレーを作ってみたと言う方もいらっしゃいました。
ご家族にも好評だったそうです。
夏野菜と青背の魚で、血液の流れもサラサラスムーズが期待できそうですね(^^♪

ご飯には、やはり利水と胃腸の働きアップを期待して、ハトムギとアワをブレンド。
雑穀のつぶつぶ感は、南国のさらりとしてスパイシーなカレーによく合います。

デザートは、定番人気の八宝みつ豆に、清熱解毒の緑豆(今回は皮むきの、見た目黄色い豆を)多めに入れたもの。
色んな豆ミックスの冷やししるこのようなデザートです。
中華圏や東南アジアではホントに色んなバリエーションがあるのに、日本でなかなか普及しないのは不思議ですね。

お茶は、身体にこもった熱をとってくれるベトナムのハス茶を。
清涼感のある甘やかな香りが、多くの方に好評いただいています。

実はこの週、新聞の取材を受けまして、同じメニュウを取材の記者さんにも撮影後召し上がっていただきました。
夕方の、食事には中途半端な時間帯でしたが、あっという間に完食してくださいました(お昼抜きだったのかもしれませんが笑)。
今週末に掲載予定と言うことですので、またお知らせしますね(^^♪

さて、今日は火曜定休日です。明日からの養生ランチの仕込みです。
明日からのメインは、香港です。夏に食べたい香港のハヤシライス!トマトたっぷり、牛肉ほどほどの、体の疲れを補って紫外線予防にも一役、という、勿論ご飯にピッタリの、後口の軽いハヤシです。
野菜料理には、身体の湿気を取り払いつつ潤いも補ってくれる冬瓜を干しエビの旨みで煮たものや、この時期弱りやすいお腹を助けてくれるキャベツの塩糀漬けなどを。
デザートは、梅雨が明けて強い陽射しにじりじり焼かれるお肌の水分補給と言うことで、パイナップルざくざくのゼリーを予定しています。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ