FC2ブログ
2016-07-11

奈良のアジア薬膳・今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160707_1244~01

お品書きは、

アラブ式ラタトゥイユ・冷製
ワカメとコーンとキュウリのサラダ・黒酢らっきょうドレッシング
薬膳スープ

そして、

160707_1249~01

大根と豚と厚揚げの沖縄風しょうゆ煮込み
黒豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:ハトムギとサトイモと小豆のココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

一品目、紫外線ケアを体の中からしてくれる色鮮やかなトマトやナスや赤ピーマン、
これら夏野菜をチュニジアなどで使うエキゾチックなミックススパイスで風味をつけてラタトゥイユ風に煮込み、
冷たくしてご提供。
ブレンドしているクミンやコリアンダーやチリなどのスパイスは、お腹を温めて胃腸の機能を高めてくれます。
お次の野菜料理は、利水と清熱の食材、コーンとわかめとキュウリに、6月に仕込んでおいたらっきょうの黒酢漬けを使ったドレッシングを合わせたもの。
サラダの食材が身体を冷やすものメインですが、らっきょうや黒酢で温めて巡りを良くする効果も狙っているサラダです(^^♪

メインの煮込みは、沖縄風。
疲労回復にきく豚肉と、体の熱をとって潤い補給する大根や厚揚げ豆腐を、
昆布とかつおだしをきかせたしょうゆベースのスープでじっくり煮込んで味を含ませました。
昆布も、美味しいお出汁となるだけでなく、身体の余分な水を排出して清熱作用もあるアイテムです。

ご飯にブレンドした黒豆はやはり水巡りを良くするだけでなく腎を補ってアンチエイジングにも働き、
黄色いつぶつぶのアワは消化機能を助けてくれます。

デザートは、湿邪対策にもってこいのハトムギと、健脾作用のあるサトイモ、むくみにきく小豆を合わせてココナッツミルクをかけました。
それぞれの具材のテクスチャーの違いも、美味しさアップにつながります(^^♪
別々に煮るのはひと手間ですが…(^^;;

クールダウンしてくれるベトナムのハス茶、一口味わったお客様は皆さん一様に、
まず香りにリラックスして下さってるようでした。

ぐんぐん上がる湿度と温度のせいか、お客様の中にも体調を崩したと言うお声がちらほら聞かれます。

奈良散策の折にお立ち寄りくださるお客様からは、
「こないだ久しぶりに藍布さんでお昼戴いたでしょ。そしたらその夜久しぶりに、しっかりお腹が空いたんですよ。実はそのころ暫く調子悪くて、なんかお腹もすかなくてついつい素麺とか口当たりのいいもんばっかり食べて余計に悪循環で。でもあの時は夜ホント「あー、お腹空いた、何食べよう!」って気になってお腹の調子も戻って。嬉しかったなぁ」
いや、それを聞いたらんぷ店主の方が何倍か嬉しかったです(^^♪

また別なお客様からは、「首のあたり汗疹が出来て治らなくて。でも先週こちらでランチいただいたら、治ったんですよ!でも一週間で効果も無くなって来たんで(笑)、またいただきに来ました」。

たまたま、胃腸の具合や汗疹が治るのと、ご来店のタイミングが合ったのかもしれませんが、
そんなふうに考えて下さることは、何よりの励みです。

らんぷ店主も正直、暑いさなかで豆を茹でたり野菜を切ったり肉を長時間煮込んだり、は、それなりに体力を消耗するものですが、お客様の声をエネルギー源に、自分の体調もコントロールしつつ、来週以降も「美味しくて元気になれるアジアごはん」作りを続けていきたいなと思います。

さて明日は店休日をいただきまして、明後日からはガラリと変わったアジアのご飯…なのですが、
その明後日、13日水曜日は、かねてからご案内しております
「食べておいしい 学んでたのしい ごはんセミナー」の開催で、通常営業はお休みさせていただきます。

翌日、14日木曜日からは、勿論、皆様のお越しをお待ちしております(^^♪
メインの煮込みは、夏野菜とイワシのマレーシア風ココナッツカレーです。
スパイス遣いとココナッツミルクのコクで、イワシなど青背の魚があまりお好きではない方にも、美味しく召し上がっていただけるメニュウです。
野菜料理には、細切りのじゃが芋を黒酢で炒めたものや、キュウリのスパイシーなピクルス風サラダなどを。
デザートは、夏向きの緑豆を多めに使った八宝みつ豆を予定しております。
どうぞお楽しみに。






スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ