FC2ブログ
2016-05-16

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160513_1407~01

お品書きは、

新じゃがと赤緑ピーマンの細切り黒酢炒め
新キャベツと香味野菜のトマトチリソースサラダ
薬膳スープ

そして、

160513_1413~01
豚と厚揚げのベトナム風しょうゆ煮込み
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:マンゴーとロンガンのゼリー・ココナッツミルク添え
ベトナムのハス茶

以上でございます。

日中は陽射しも強く気温も上がって「ビール日和!」かと思いきや、夕方にはすうっと涼風が吹いて…。
お天気も気温もめまぐるしく変わりつつ、季節は着実に夏に向かっていますね。

一品目はそんな「暑くなってきたなぁ」な時期にピッタリの、さっぱりした味わいです。
黒酢で色が馴染みすぎてますが(笑)、炒め始めは鮮やかな緑だったピーマンが結構入っているのです。
炒めてから一度冷やしているのがミソで、見た目は地味になっちゃうのですが、
酸味が丸くなって落ち着きます。
胃腸を助けるじゃが芋とビタミンたっぷりのピーマン、アミノ酸豊富な黒酢で、
疲労回復とお肌の回復にも役立ちそうです。
次は、新キャベツを主役に、青じそやカイワレなど香味野菜とクラッシュアーモンドを脇役に、
完熟のプチトマトとスイートチリソースで作ったドレッシングをかけた、色んな味と歯触りが楽しめるサラダです。
漢方では五味五色をとることを意識すると、ある程度バランスの取れた献立を作りやすいものですが、
このサラダだけでも、酸味、甘み、辛味、苦み、鹹(しおからい)味が一応摂れてしまうのです(^^♪

薬膳スープも少しずつ、温めて補うものから体の水捌けをよくするタイプの生薬ブレンドに。

メインの煮込みは、豚ばら肉と厚揚げに、魚醤やキビ砂糖、ココナッツの味を効かせた、
ベトナムのお惣菜です。
現地ではおでんのように煮卵が入りますが、ちょっとボリュームありすぎになるので、
煮汁を吸わせたら美味しくなる小松菜を合わせました。
豚肉は体に熱をこもらせずに必要な栄養を補いますし、厚揚げ(豆腐)も潤い作用のある食材です。
召し上がったお客様から、
「ああ、なんかこれ夏向きな味。夏バテ防止できそう」と言うご感想を戴きました(^^♪

ご飯は、水の滞りを防いでお肌を滑らかにするハトムギと、消化機能を助けるアワをブレンドしています。

デザートは、まさに5月の陽射しのような明るい色合いの、マンゴーゼリーです。
ライチによく似た味と食感のトロピカルフルーツ、ロンガンも刻んでたっぷり加え、ココナッツミルクのソースをかけました。
ロンガンは、干して「龍眼肉」と言う名で呼べば、煎じ薬にも使われる生薬です。
「帰脾湯」などの漢方薬にも入っていて、心のエネルギーが足りなくて不眠だったり婦人科系のトラブルがあるときに役立ちます。
良薬は口に苦し、と言いますが、これは甘くて爽やかなクスリです。

ところで、このデザートを召し上がっていたあるお客様から、
「ココナッツミルクは美味しいものとクセのあるものと、色々種類があるんですか?」と訊かれてびっくり。
ご質問の背景をお聞きすると、どうやら、健康に良いと話題のココナッツオイルを戴いたけど、
料理に使うとそのクセが気になって使いそびれている、
「でもこのデザートは美味しいので、何が違うのかなと思って…」とのこと。
確かに、ココナッツの甘い香りがするオイルは、日常の料理にそのまま調理用の油として使うには難しいのかもしれませんね。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、インドネシア版牛丼?!です。
と言っても、トマトやピーマン、玉ねぎと野菜たっぷり、サンバルなどのスパイス遣いでご飯の進む煮込みです。
野菜料理には、豆腐ドレッシングのサラダなどを。デザートは、カボチャのクリーミイな一品を予定しています。
どうぞお楽しみに。










スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ