FC2ブログ
2016-04-18

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160415_1151~01

お品書きは、

新玉ねぎとコーンのスパイスマリネ
厚揚げと新じゃがのインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、

160415_1157~01
豚肉と緑黄野菜のフィリピン風しょうゆ煮込み
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:白キクラゲとさつま芋のココナッツミルク
甘夏ウーロン茶

以上でございます。

一品目は、見た目も春らしいパステルイエローなマリネ。
旬の新タマたっぷりに、コーンを組み合わせて、ターメリックやクミン、コリアンダーなどのカレー系スパイスを入れたマリネにしました。
玉ねぎは気血の巡りを良くしてくれますし、コーンは体の水捌けの改善に一役買います。
寒の戻りの後に夏日のような日があったり、色々と滞りがちな体の中の巡りもスッキリさせていきたいところです。
お次はコクがあってちょっぴりピリ辛なピーナッツペーストのソースがいつも好評いただく、インドネシア風のサラダです。
厚揚げや茹でじゃがが、いつもと違うエスニックな味わいです。
茹で卵なども添えると、このサラダだけで立派な主菜になりますね。

メインは、フィリピン料理の「アドボ」と言う肉料理をベースに、藍布式に野菜をたっぷり加えた煮込みです。
醤油ベースで、豚のコクがしっかりあって、でも中に入っている酢の力で、後口さっぱり。
殆ど溶けちゃってますが、玉ねぎのスライスも実はたっぷり入っているのです。
酸味が苦手と言うお客様にも「こーれは美味しい!」と言うお言葉ちょうだいしました(^^♪

デザートには、肺と呼吸器を潤して咳などに効く、そして伝統的な美肌薬膳素材でもある白キクラゲを使いました。
気を補うさつま芋と一緒に合わせ、ココナッツミルクを添えてご提供。
薬膳絡みで読んだ本に書かれていたと記憶しているのですが、
中国の高齢の女医さんで、若い時から何十年も白キクラゲとナツメのシロップ煮を食べ続けていて(勿論、その他の食生活にも気を配っていたと思うのですが)、70歳を超えてもとてもきれいな肌の持ち主であると言うようなエピソードを読んだことがあります。
香港の伝統デザートのお店などでも、この白キクラゲシロップ煮は定番です。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、久しぶりに西方に飛びまして、アフリカです(^^♪
豆類と鶏を使った、ココナッツミルクもスパイスも入った複雑な味ながらマイルドな煮込み。
野菜料理には、旬のキャベツ塩麹漬けや、春雨と野菜の炒め物などを。
デザートは、さつま芋のプリンを予定しています。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ