FC2ブログ
2016-04-11

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160409_0647~01

お品書きは、

ジャガイモのサブジ
セロリと春キャベツのタイ風スパイス炒め
薬膳スープ

そして、

160409_0654~01

野菜たっぷりベトナム式トマトビーフシチュウ
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:マンゴーゼリー、ココナッツミルク添え
甘夏ウーロン茶

以上でございます。

ぽかぽか(過ぎる)陽気で、ご来店のお客様の服装もぐっと軽装に、そして明るい色合いのものが増えてまいりました(^^♪
でも、陽が落ちるとすうっと気温が下がったり、春らしくお天気も安定せずで、この時季意外とカゼなどお召しの方も多いようです。
温めるものと熱を冷ますもの、バランスよく摂って花盛りのシーズンを気分良く過ごしたいものです。

一品目、新じゃがの旨さを堪能するサブジ、インドのおばんざいです。
マスタードシードを油でいためたところにゴロゴロっと皮つきカットの新じゃがを投入して、
ターメリックやクミンなどのスパイスを絡めて、炒めながら火を通します。
フライドポテトともポテトサラダとも違った食感。
じゃが芋は消化機能を助け、合わせたスパイス類もまた胃腸を温めることによってその力を補います。

お次は春の甘みのあるキャベツに香りで肝気の巡りをスムーズにするセロリを合わせ、
タイのチリインオイルという甘辛い唐辛子ペーストを使って炒めたもの。
真っ赤なパプリカは彩りにもなり、その色素に含まれる抗酸化作用で紫外線からのダメージも保護してくれます。
ちょっぴり辛さもあるものの、全体としては甘味もあるせいか、
週末のご家族連れの小さなお子様も「きゃべつ~」とぱくぱく召し上がって下さっていました(^^♪

メインは、トマトビーフシチュウと書きましたが、
にんじん玉ねぎマッシュルームたっぷりの主役と、細切りの牛肉を脇役に、マイルドなトマト煮込みにしたもの。
ナンプラーも入っているので、旨みに奥行きがあります。
ご飯にもパンにも合う味で、ベトナムではバゲットを合わせることも多いです。

ご飯は、アワ多め、黒米少なめのブレンドで。
アワは健脾作用があり、身体の余分な熱をとります。
今からの季節に活躍して欲しい雑穀の一つです。

デザートは、ビタミンカラーが鮮やかなマンゴーを潰して濃厚なゼリー仕立てにして、相性抜群のココナッツミルクのソースをかけました。
マンゴーにも潤す働き、こもった熱をとる働きがあります。

お茶は、無農薬の甘夏の皮を刻んでドライにしたものを水仙と言う名のウーロン茶とブレンド。
新年度、新学期でウキウキな反面ドキドキもあるこの時期、柑橘系フルーツを上手く使って緊張をほどくのも一手です。
このお茶は正直、甘夏の香り自体はウーロン茶に敗けてしまうのですが、後口が爽やかなところが違います。
ご家庭でも、伊予柑や夏みかんでトライしてみるのも楽しいかもしれませんね。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしており
ます。
お次のメインは、フィリピンです。豚ばら肉を緑黄野菜と共に、コクがありながらサッパリと胃もたれしない味付けで煮込んだもの。
野菜料理には、新玉ねぎを使ったもの、そして茹で野菜のインドネシア風サラダなどを。
デザートは、サツマイモのココナツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ