FC2ブログ
2016-03-21

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160317_1209~01

お品書きは、

新玉ねぎとコーンの粒マスタードマリネ
新キャベツの自家製塩麹漬け・陳皮風味
薬膳スープ

そして、
160317_1214~01

鶏とジャガイモの韓国風みそ煮込み
落花生とキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:カボチャともち米のココナッツミルク
バラの花入りルイボスティー

以上でございます。


お水取りも終わって春到来。到来しすぎて外を歩いていると汗ばむぐらいな日も(^^;
ランチにいらっしゃるお客様の装いもぐっと軽く春めいて来ました。
でもまだ朝晩すうっとしたり、寒の戻りもあったりです。
身体を冷やさないようにしながら、芽吹きの季節を楽しみたいものです。

最初の一品は、新玉ねぎをスライスしてつぶつぶコーンと一緒に、
粒マスタードとビネガーをきかせたさっぱり系のドレッシングでマリネにしたもの。
トッピングしたカイワレ大根のかすかにピリッとした辛味もアクセントです。
新玉ねぎは辛味も殆どなく、こうしてマリネにすると「玉ねぎ臭さ」も和らいで、
水に晒すこともなく美味しくいただけます。

お次はこの時期幾らでも食べたい、新キャベツの塩麹漬け。
陳皮と生姜、どちらも胃腸の働きを助ける生薬でもあり、和のスパイスでもあります。
キャベツと麹の甘みを程よく引き締めてくれます。
クコの実をトッピングして、彩りと共に、この時季の「風の邪気」でカスミ眼・疲れ目になっているのを補います。
まさに才色兼備なアイテムです。

メインは、韓国風のピリ甘辛味噌煮込み。
鶏とジャガイモに、コチュジャンや味噌や葱やニンニクを合わせた煮汁がこっくり絡んだ、なんともご飯が進むお味です。
鶏もジャガイモも、消化にやさしく気を補ってくれる、組み合わせです。
ご飯には、生のピーナッツ(落花生)を茹でたものと、キビを合わせました。
写真では判りにくいですが、落花生の茹で汁のベージュとキビの黄色がほのかに染みた、
春色なご飯です。
落花生は肺や呼吸器を補う、どちらかと言うと秋口の乾燥に使うことが多い食材ですが、
春の風に乗って色々な異物が空気中を漂って体内に入りやすいこの時季も、上手く使いたいアイテムです。

デザートは、温め食材のもち米とカボチャに、ココナッツミルクをかけました。
汗ばむ昼間には服装を上手に調節し、でも、まだ体には冬の冷えも残っていますから、
お腹を冷やさない工夫も大事です。
食後の養生茶は、そろそろ気になる紫外線からのお肌の保護を意識して、バラの花をブレンドしたルイボスティーを。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのご飯で、皆様のお越しをお待ちしています(^^♪
お次のメインは、中国風のポーク肉じゃが。八角や肉桂など健胃作用のあるスパイスを合わせた「五香粉ウーシャンフェン」のきいた煮込みです。
野菜料理は、厚揚げとトマトのベトナム風煮込みや新キャベツをバリバリ食べられるラオス風のピーナッツサラダなど。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ