FC2ブログ
2016-03-14

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160310_1102~01

お品書きは、

じゃが芋とブロッコリーのアラブ式ゴマソース
厚揚げと新キャベツとセロリのチリインオイル炒め
薬膳スープ

そして、

160311_1414~01
タケノコとフクロタケとひき肉のタイ風ココナッツ緑カレー
モチキビと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:ハトムギともち米、小豆のココナツミルク
ジンジャールイボスティー

以上でございます。

一品目、元は白ゴマで作る「タヒーニ」と言うアラブ地域のゴマドレッシングです。
ひよこ豆のペーストと混ぜたり、魚のムニエルなんかに使ったりします。
藍布ではこれを黒ゴマでアレンジして、相性の良い茹で野菜にかけてお出ししています。
見た目は胡麻和え、でも、クミンやかすかにレモン汁のきいた異国な味わいに驚かれるお客様も多いです(^^♪
黒ゴマもブロッコリーも腎を補う、アンチエイジングの味方にもなる食材です。

お次は、厚揚げと春野菜を、タイの唐辛子調味料で炒めたもの。
新キャベツの甘みにセロリの香り、チリインオイルの辛味、色々な味が一緒に楽しめて、
季節の変わり目で寝ぼけまなこな脳がシャキッとします(^^♪
春野菜の甘みは脾を助け、セロリはその独特な香りで肝の高ぶりを宥めてくれます。

メインは、これから旬のタケノコ(竹かんむりに旬、とは、よく考えたものです)に、ちょっと変わり種のきのこのフクロタケ、そして挽き肉を入れたグリーンカレーです。
マックルー(こぶみかん)やレモングラスなど、柑橘系の香りのハーブを使用したこのカレーで、
春先に滞ったりヒートアップしがちな「氣」の巡りが穏やかにスムーズになると良いですね。

ご飯は、キビと黒米入りですが、季節の移ろいに合わせて、腎を補う黒米よりも消化機能を助けるキビを多めのブレンドです。

デザートは、温め食材のもち米と、身体の水捌けを良くするハトムギを軟らかく炊いて、小豆とココナッツミルクを合わせました。

養生のお茶はジンジャー入りのルイボスティー。
お客様からこの週きいた話ですが、お知り合いの方で「ルイボスティー飲んでたら花粉症の薬がいらなくなった」と言う方がいらっしゃるそうです。
何が効くきかないは個人差もありますが、美味しく飲んだり食べたりするもので不快な症状が和らげばいいですね。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、じゃが芋と鶏肉の韓国風みそ煮込みです。
コチュジャンと味噌のコクと旨みが絡んだおじゃがが、最高なレシピです(^^♪
野菜料理には、新玉ねぎや新キャベツなど、春野菜たっぷり。
デザートは、身体を温めつつ、そろそろ気になる紫外線ケアにも対応してくれそうなビタミン豊富なカボチャを。
どうぞお楽しみに。

スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ