FC2ブログ
2016-03-07

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160305_1142~01

お品書きは、

ニンジンとブロッコリーのチリソースサラダ
新キャベツと玉ねぎのヤンニョム炒め
薬膳スープ

そして、

160305_1148~01

タケノコと黒キクラゲと豚のカンボジア風煮込み
ハトムギとキビ、黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:黒ゴマと豆乳のプリン
ナツメとバラの花入り紅茶

以上でごさいます。

桃の節句から一気に春を通り越して初夏?を思わせるような陽気でした。
でも、また今度は寒の戻りがあるようです。
「お水取りが済むまで」が、奈良での合言葉。
本格的な春到来は、もう一息待ちましょう。
勿論、食養生の先手を打ちつつ。

一品目は春らしい彩り、ニンジンとブロッコリーをタイのスイートチリソースをベースにしたソースでマリネにしたもの。
春野菜の甘みは「脾」を助けますし、濃い色の野菜は、そろそろ気になってくる紫外線からお肌を守ってくれる力も持っています。
お次は、新キャベツと玉ねぎを、ヤンニョム(韓国式の合わせ調味料)を絡めて炒めました。
ヤンニョム、「薬念」のハングル読みです。薬味調味料、という感じかな。
料理によっていろいろなヤンニョムがありますが、これは、どっさりの刻み葱やすりゴマを、韓国唐辛子やしょうゆなどと合わせたもの。
韓国の唐辛子は、辛味だけでなく甘味、香り、旨みもあります。
春野菜の甘みをヤンニョムが程よく引き締めてくれます。

メインは、和風素材に見えますが、カンボジアです(^^♪
この時季ならではのタケノコに、綺麗な血を巡らせてくれる黒キクラゲ、滋養たっぷりの豚肉の組み合わせを、
あっさりした味付けで煮込みました。
「こんなにキクラゲ食べたの初めて」と仰るお客様も何名か。
確かに、家庭であまり使わないようですし、外食でも、八宝菜にほそーく切ったのが数枚、散らばっているぐらいでしょうか。
中国では、黒白とも、キクラゲは薬効の高い食品としてよく使われます。
白は主に肺に、黒は主に腎に働きますが、それ以外にも、体内に吸い込んでしまった外界のホコリや異物などを吸着して体外に排出してくれるとも言われます。
春風に乘って色んなあれやこれやが空気中に待っている今、お役立ちアイテムですね。
豚肉は、旨みの濃いばら肉と、脂肪分が少なく赤味の栄養がしっかり摂れるモモ肉を半々に合わせました。

ご飯は、真冬よりも黒米の配合率をぐっと減らして、その分、脾を助けるキビや、水捌けを良くするハトムギをブレンド。

デザートは、黒のすりゴマと豆乳を合わせた、お肌と髪の栄養を補うプリンです。
酒粕のペーストでコクを出しました。

養生茶は引き続き、ナツメとバラの花をブレンドした紅茶です。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次は、タイカレーです(^^♪  きのことタケノコが主役です。
野菜料理は、新じゃがやブロッコリーをボイルして、アラブ風のゴマソースをかけたもの、
春にピッタリのセロリやキャベツなどをソテーしたものを。
デザートは、ハトムギやもち米と小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ