FC2ブログ
2016-03-02

月初めの連休を

いただいております。

昨日は、野暮用で大阪へ。

奈良から大阪に行くと、昔住んでいたころは当たり前の景色だったものが、
随分と違って感じられるものです。

その一つ、飲食店舗の密集度。
ま、飲食に限らずお店やビルや人の密集度も、ですが。

そんなわけで、たまの用事で大阪に出た折には、
ランチは何食べよう、おやつは何処で、と言うのが行きの電車での最大の関心事(笑)。


で、昨日は、タイ料理のファミレスのようなお店で、
こんな「3月限定のランチセット」を。
160301_1242~01
カピ炒飯と、ケーンソムクンのセット。

カピとは、海老の発酵調味料、エビ味噌です。
中国では蝦醤とも言います。
一種独特な香りが、炒めると旨みに代わります。
その旨みをお米に絡めた炒飯、上に並んだ叉焼やパクチーやキュウリなどの刻んだのを、混ぜ混ぜして、
マナオと言う小さなライムも絞って、いただきます。

ケーンソムクンは、エビ入りのすっぱ辛いスープ。
トムヤムクンと似ていますが、少し違います。

食後にプチデザートとコーヒー。
一口サイズのタロイモケーキでした。
160301_1302~01


エビは足腰を温める食材。
昨日の寒波逆戻りな一日には、丁度良かったです。
お蔭でそのあとのあちこちまわるのにも、寒い思いをせずに元気に用をこなせました。

そして、午後の用事が一段落したところで、
今度は韓国の伝統喫茶で、こんなおやつタイムを。

160301_1538~01
カボチャのおしること、生姜茶のセットです。
黄色いカボチャ汁粉に浮いているのは塩昆布みたいですが、これは韓国のお餅。
そこに小豆餡が沈んでいて、カボチャだけだと軽い塩味ですが、小豆餡を混ぜることで甘くなります。

生姜茶は、生姜の千切りがカップの底に沈んでいて、おそらく蜂蜜漬けなどにしたものらしく、
それも美味しくいただきました。

結局、店を離れてもこてこてアジアな一日でしたが、
外で美味しく楽しくいただいたものは、また明日への活力に(^^♪





スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ