2016-01-25

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

160123_1102~01

お品書きは、

サトイモのスパイススープ煮
カブとコーンとクコのマリネ
冬の薬膳スープ

そして、
160123_1112~01

ベトナム式ビーフトマトシチュウ
黒米ともちキビ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:サツマイモのモンブラン
バラの花入り紅茶

以上でございます。

いや~寒い寒い。
日本列島、どころか、アジアもアメリカも、至る所大寒波到来の週末だったようです。
奈良きたまちのこの古い長屋も、暖房フル回転させてもなかなかしっかり温まりません。
店内は、営業開始時間までには何とか温度を上げていますが。
こんな時は、しっかり熱を補うものと、同時に乾燥を防ぐものをバランスよく摂って体から暖房を(^^♪

一品目、手っ取り早く温まっていただく、ぴしっとスパイスのきいた一口スープです。
カルダモンやシナモン、クローブなど異国な香りにチリが辛味を添えています。
具のサトイモは、気を補い粘膜も丈夫にして、ウイルスなどから体を守ります。
お次は、この時期美味しいカブが主役のマリネ。
カブはお腹を温めて、冷えからくる下痢などを防ぐ一方、身体に必要な潤いも補ってくれます。
コーンは夏の食材ですが、平性(冷やす・温めるのどちらにも傾かない)で、身体の水はけを良くしてくれるので、
今の時期、脇役的に使うといいですね。
肝と腎を補うクコと共に、彩りを添えて食欲アップしてくれます。
カブの甘みを活かしたあっさり味のマリネにしました。

薬膳スープは、冬向きの生薬が入って今週もかなり黒目です。
「漢方薬の匂いとか苦手」と仰るお客様が、「このスープは美味しかった!!」と言ってくださいました(^^)/

メインは、ベトナムの煮込みです。
ビーフトマトシチュウと書きましたが、ニンジンや玉ねぎ、きのこどっさり。
現地レシピでは、大きめの牛肉が入っていたりするのですが、今回は野菜が主役、肉はシチュウの旨み用です。
唐辛子の入らないマイルドな味ですが、スパイスや香味野菜の配合で温まるようにお作りしています。

ご飯は、黒米ともちキビのブレンド。
キビは消化能力アップに働き、また温性の食材でもあります。

デザートは、さつま芋のクリーミイなモンブラン風。
仕上げに降ったシナモンは、甘みを引き締めるとともに温め力もアップします。

養生のお茶は引き続き、血の巡りをスムーズにして末端の冷えやお肌のくすみに働きかけるバラの花をブレンドした紅茶を。


大寒波の週末も、カップルやご家族連れ、おひとりさまでのんびり、など色々な方がランチを楽しんでくださいました。
冷たい風の吹く中、足をお運びいただいて大感謝です。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、韓国風の炒り鶏です。これかなりの割合で作り方をお尋ねいただきます(笑)
レンコンやニンジン、根菜たっぷりの具に、韓国ならではのピリ辛甘い香ばしい煮汁が染み込んで、ご飯との相性抜群なのです。
野菜料理には、大根や春菊など冬野菜を使ったサラダと、厚揚げを使った温かい一品を。
デザートは、サトイモと小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ