FC2ブログ
2015-11-09

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!
151106_0650~01

お品書きは、

黒目豆とレンコン、インゲンのスパイスサラダ
白菜と豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、

151107_0650~01
大根と牛肉の中国風ネギ醤油煮込み
茹でピーナッツとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋のモンブラン
陳皮入りルイボスティー

以上でございます。

正倉院展期間中と言うことで、神戸や京都ほか、中部や関東方面のお客様もご来店くださいました。
改めて、「正倉院の宝物」の魅きつける力の大きさを実感。
また、近ごろ薬膳に興味を持って…と言うことでお越しくださった方や、数年ぶりにお会いできた谷町時代のお客様など、色々な方とお話しできた週でした(^^♪

最初の一品は、黒目豆と言う大豆より一回り小ぶりの豆と、レンコンやインゲンをいずれもサイコロに切って、
ターメリックやコリアンダー、ジンジャーなど「カレー風味」なスパイスを絡めたサラダです。
豆類は体の中の水巡りをスムーズにして、むくみや胃もたれを解消してくれますし、
レンコンはこの時期こまめに食べたい、肺をケアしてくれる野菜です。
お次はやはり乾きがちな体を中から潤す白菜と豆腐のコンビ。
鍋の必須アイテムですが(笑)、こんな風にサラダにしてもいいものです。
いずれも冷やす性質なので、豆腐にたっぷり混ぜ込んだニラ(温性)で調節します。
この豆腐ドレッシング、初めての方にはよく作り方をお尋ねいただき、
リピーターの方には「ウチもこれ、時々作ります」と嬉しいご報告を戴く人気者です(^^♪

メインは、中国の家庭料理をベースにした、大根と牛肉の煮込みです。
たっぷりの葱と生姜の千切り、そして肉厚の干しシイタケの香りと旨みが染み込んだ煮汁が大根に絡んで、
正直、肉より大根が主役の料理です。
秋から冬の野菜の代表格である大根は、性質としては冷やすほうの部類に入りますが、
喉の炎症を静める、身体の渇きをいやす、肉や油っこいモノの消化を助けるなどなど、
大切な働きを持っています。
薬味を効かせた温かい煮物にして、たっぷり戴きたいものですね。

デザートは、さつま芋で作ったモンブランクリームに、
ココナッツミルクのソースとクコの実を添えました。
今回このデザートがなかなか好評をいただき、作り方も何度かお尋ねいただきました。
割とシンプルな材料で作れますので、そのうちまた簡単レシピの記事アップしますね。

養生茶は、理気作用のある陳皮をブレンドしたルイボスティーです。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、「グリーンカレー」の名ですっかり最近メジャーになった、タイのココナッツ緑カレーです。
カボチャがたっぷり入ります。
野菜料理は、ナッツやドライフルーツを入れたにんじんのチリソースマリネ、大根のサラダなど。
デザートには、サトイモと小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。





スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ