FC2ブログ
2015-11-03

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

151030_0651~01

お品書きは、

白すりゴマたっぷりのにんじんナムル
厚揚げと茹で野菜のインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、

151031_0655~01
さつま芋と鶏肉のベトナム風カレー
茹でピーナッツとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:百合根入り八宝みつ豆
オレンジピールとライチの紅茶

以上でございます。

風が冷たーい日があったり、週末急に気温が下がったりで、ご来店のお客様も、
心なしか背を丸めて縮こまったご様子で入店されます(^^;

そういったお客様が、デザートをお出しする頃に、
「あ~あったまってきた~、ホカホカしてきた!」
お支払いの時に、
「すごくあったかくなりました(^^♪ これでまた午後、ばっちり歩けそう!」と笑顔で店を後にしてくださったりすると、
らんぷ店主の気持ちもホカホカしてきます(^^)/

一品目の白ゴマにんじんナムル、季節の影響を受けてカラカラ&カサカサになる目や喉やお肌、
体の中から潤い養分を補います。
インドネシア風のサラダは、茹でたジャガイモやインゲン、厚揚げなどに、
ピーナッツのペーストで作ったピリ甘辛いたれを絡めて。
このピリッとした辛味は、サンバルと言うインドネシアやマレーシアの豆板醤のような唐辛子発酵調味料です。
厚揚げは東南アジアでもお馴染み食材。
豆腐って本当に「アジアン・ソウルーフード」だなぁと思います。

メインは、さつま芋ゴロゴロのベトナムのカレー。
ココナッツミルクも少し入りますが、タイのグリーンカレーなどとはまたスパイス遣いも全く違う味わい。
「さつま芋をカレーに、って、初めて食べたけど、美味しいのねぇ~!!」
と言うお声をたくさん頂戴しました(^^♪
いや、らんぷ店主の創作じゃなくて、ベトナムのおっかさんたちの知恵なんですけどね。

漢方薬膳では、芋類は穀類と並んで気を補う大事な食材です。
太りそう、と言うイメージもありますが、腸を健やかにする食物繊維も熱に強いビタミンも豊富、
なんといっても美味しいじゃないですか(笑)、
飽きずに上手に工夫しておつきあいしたいですね。

デザートは、定番人気の八宝みつ豆に、百合根の甘煮も添えて、秋の養生バージョンです。
百合根、キビ砂糖をほんの少し入れて軟らかく煮ると、ほんとデザートにピッタリです。
肺を補って空咳や喉の傷みを防ぎ、心を補って眠りも健やかに。

養生のお茶は、オレンジピールとライチの紅茶。
気や血の巡りをスムーズにし、身体を温めます。

明日4日水曜日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。

お次のメインは、大根が主役、牛肉が脇役の、中国の溜まり醤油と生姜とネギのたっぷりきいた、こっくり味の染みた煮込みです。
毎年これを作る頃になると、秋も深まってきたなぁと思います(^^♪
野菜料理は、黒目豆とレンコン、インゲンなどを使ったスパイスをきかせたサラダ、
豆腐ドレッシングのサラダなどを予定しています。
デザートは、今回メインのさつま芋を使って…。
どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ