2015-11-30

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー!

151127_0642~01

お品書きは、

白ゴマたっぷりにんじんナムル
きのこ色々と厚揚げのタイ風スパイス炒め
薬膳スープ

そして、

151128_0650~01
鶏とジャガイモの韓国風コチュジャン味噌煮込み
茹でピーナッツと黒ごま入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:杏仁ブラマンジェ
薔薇の紅茶

以上でございます。

例年になく温かく雨の多かった11月も今日で終わり。
流石に先週あたりからはぐっと寒さが沁みる日が出てきて、藍布でもファンヒーターが活躍し始めました。
冬に向けての養生ランチも、しっかり体の中から温まるもの、体自身が温め力を発揮できるものを採り入れてまいります。

吸った白ゴマをたっぷり混ぜ込んだにんじんナムル、喉の渇きをいやすと言うのとは違いますが、
眼の渇きや呼吸器そしてお肌の乾燥を改善する「滋陰」の働きがある食材の取り合わせです。
お次の一品は、厚揚げとしめじ、えのき、フクロタケと言った色々なきのこを、タイのナムプリックパオ(チリインオイルとも言う)と言う唐辛子ペーストを使って炒めた、甘辛味に少しピリッと感が絡まる惣菜です。
前菜的な扱いなので塩分控えめに仕上げていますが、これ、しっかり目に味をつけるとご飯との相性も実は抜群で、このまま丼にしても良いものです。
複数のきのこと厚揚げで、肉なしでもしっかりした旨みとボリュームが出るのです(^^♪

薬膳スープ、そろそろ本格的な冬に向けて、しっかり補うタイプの生薬も少しずつ入れていきます。
その為色も心なしか冬の黒に近づきつつあります。

さてメインは、韓国の「鶏じゃが」。
ホクホクのおじゃがが、コチュジャンと味噌の混ざり合ったコクのあるピリ甘辛味を含んで、しっかりお腹が温まります。
鶏肉もじゃが芋も、ジャンルは全く違う食べものなれど、漢方薬膳的にはともに気を補い、お腹にやさしいという性質を持っています。
ご飯は、ピーナッツを茹でたものと黒のすりごま入り。
ピーナッツで肺を潤し、黒ゴマで腎を潤し、カラダ自身が防御力を高めるのを助けます。
黒ごまだけでゴハンが黒く染まるのに驚かれたお客様も結構おられましたが、これ、知っとくと便利ですよ(笑)。
あらかじめ水に漬けておいたり下煮する手間がいらないですしね。
但し、粒のままでなくすりゴマにして消化しやすくしておくことがポイントでしょうか。

デザートは、肺と喉の生薬でもある杏仁、それに貝母(バイモ)も加えた、秋の養生ブラマンジェです。
秋ー肺ー金ー白、と言う五行のカテゴリーをイメージするような白いデザートですね。
トッピングしたクコの実は肝と腎の潤いを補います。

養生茶はバラの紅茶を。
茶葉の中でも紅茶など発酵度の高いものは温める方に働きます。
そしてバラは気と血の巡りを良くして、末端の冷えやお肌のくすみの解消につながります。

明日と明後日は店休日をいただきまして、12月3日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、ベトナムの白い野菜ポトフです。
大根レンコンなどで、肺をしっかりケアして来たるべきウイルス大活躍の時期に備えます。
メインがかなり優しーいタイプの味なので、前菜にはちょっとエッジのきいた?、スパイシーな豆の煮込みを。
寒い外を歩いてこられるお客様に、一口目でまずお腹を温めていただこうという作戦です。
デザートは、カボチャクリームにココナッツミルクをかけたものを予定しております。
どうぞお楽しみに。







スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ