FC2ブログ
2015-06-22

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。

150620_0646~01

お品書きは、

トマトと青ジソのチリソースマリネ
夏野菜と緑豆春雨のスパイス炒め
薬膳スープ

そして、
150620_0653~01

大根と豚の沖縄風しょうゆ煮込み
黒豆とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:皮むき緑豆のココナッツミルク
ヒゲ入りトウモロコシ茶

以上でございます。

季節の養生、と言うことで、いきおい、今の時期のむしむしジメジメに対応した養生トークが多くなるわけですが、

「雨の日や降る前に肩がこったり頭痛がしたり体が重だるく感じたりするのは…」と言うと、

「うわ!それワタシ~!」
「あぁ、当たってます。ボクです」

みたいなお声をよく頂戴します(^^;
皆さん、湿邪に憑りつかれてるのかも…(笑)

最初の一品は、梅雨の合間の陽射しの強さに対抗するトマトの栄養まるごと。
ピリ辛甘酸っぱいスイートチリソースをベースにした味付けでマリネにしました。
トマトから出たたっぷりの果汁ごと掬って、冷たいスープみたいな感じで召し上がっていただきます。
冷える食材のトマトを冷たい状態でご提供なので、冷え冷えを防ぐシソもたっぷり。
そしてこのシソは他にも香りで気を巡らし、胃腸の働きアップと言う役目も担っています。

お次は温かい野菜料理。
ナスや万願寺唐辛子など、抗酸化作用たっぷりの夏野菜をどっさり混ぜ込み、
清熱解毒の緑豆春雨と一緒にカレー系のスパイスをきかせて炒めました。
ターメリックなどのスパイスも、ナスの色に負けて、出来上がりは黒ずんでますが(笑)、
食べてビックリな、南洋中華カレー味です。
このカレー味な春雨はどなたにも好評で、
「これご飯にかけて食べたーい」と言うお声も頂戴しました。そうそう、春雨丼も、良さそう。

メインは、沖縄です。
昆布と削り節で濃厚なお出汁、それに豚のかたまり肉の旨みが加わって、
あっさりシンプルな味付けだけども深い滋味が楽しめます。
豚ばら肉も、最初にしっかり茹でこぼすので、余分な脂が抜けて消化しやすくなっています。
お出汁の染みた大根と厚揚げ、身体を潤して清熱作用もある食材です。
豚肉は、薬膳的には陰を補うと言って、身体に熱をこもらせずに滋養を供給するアイテムです。
栄養学的にも、ビタミンB群が豊富なので、夏バテ防止にピッタリ。
昆布は体の中の水はけを良くして湿邪を追い出してくれます
モンスーンど真ん中の沖縄の知恵ですね。

デザートは緑豆の皮なしタイプ、「緑豆仁」または「ムング・ダル」と呼ばれる黄色いお豆さんを甘煮にしてココナッツミルクをかけました。
ちょっと栗のような芋のようなホクホクした感じです。

養生茶は、ヒゲ入りトウモロコシ茶で、やはり体の中の水を巡らせて澱みを防いでくれます。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、マレーシア。夏野菜とイワシのココナッツカレーです。
魚臭さはなく、スパイスが程よく効いてご飯が進む味。
野菜料理は、清熱と利水の効果があるキュウリを塩麹漬けにしたもの、ピーナッツ風味のドレッシングが好評のインドネシア風のサラダを予定しています。
デザートは、身体の湿気を取ってくれるハトムギと、美肌の見方のビタミン色々が豊富なカボチャを合わせたものを。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ