FC2ブログ
2015-06-16

昨日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
150613_0648~01

お品書きは、

レンズ豆と赤玉ねぎとコーンのサラダ
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、
150613_0656~01

夏野菜たっぷりアラブ式トマトシチュウ
ハトムギとアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:ロンガン(龍眼)とグレープのゼリー
ヒゲ入りトウモロコシ茶

以上でございます。

玉ねぎをザクザク粗みじんに切ったのをベースに「食べるドレッシング」を作るのは新玉ねぎでも良くやりましたが、
今回は赤玉ねぎで。
コーンのプチプチとレンズ豆のホクホク、少しずつ違う食感が合わさって美味しさアップします。
豆もコーンも水の巡りを良くしますし、玉ねぎは気血の巡りを担当。
ほんの少し入れたフェンネルシードは、味のアクセントになると同時に胃腸を温めて消化機能を強化してくれます。
でも、入れすぎると薬っぽい味になってしまうのでご注意。

豆腐ドレッシング、こちらはしっかり水切りした豆腐にニラやすりごまもたっぷり入れて醤油やごま油などで味付けしたものをドレッシング代わりにして葉物野菜と和えていただくもの。
初めての方には「これ、お豆腐~?意外、美味しい」と言うお声を頂戴し、
リピーターの中には「前にここで戴いて、ウチでも作ってみました」な方も。

メインは、ナスやパプリカどっさりのアラブ風トマトチキン煮込み。
コリアンダーヤキャラウェイシードなどちょっと異国情緒な味と香りの、ラタトゥイユみたいなお味です。
体の中から紫外線ケアできる色鮮やかな野菜をたっぷり食べることができるメニュウです。
中東の陽射しもなかなか強そうですもんね。
強力な抗酸化作用を持つと言われるトマトのリコピンは、加熱してもその働きは壊れないので、身体を冷やさずしっかり食べたいときにはこういう煮込みはおススメです。
クスクスやチャパティを添えたら現地スタイルなのでしょうが、雑穀入りのごはんにも無理なく合わせられるのです。

デザートは、ロンガン登場。
ライチによく似たトロピカルフルーツです。タイやベトナムや香港では夏のフルーツとしてごく普通に食べられています。
それと同時に、これ、白いプルプルの果肉を干したら「龍眼肉」と言う、心血を補う生薬にもなりまして。
中華圏では「桂圓」とも言いますね。干したのは、お茶請けとして食べても美味しいものです。
このロンガンを、これまた血を補い体を潤すブドウのゼリーに混ぜ込みました。
さっぱりつるつるのデザートです。

養生のお茶は、身体の水の巡りをスムーズにして今の時期のむしむし「湿邪」を防止する、ヒゲ入りのとうもろこしのお茶を。

本日は店休日をいただきまして、明日水曜日からはガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
メインは、沖縄です。豚と昆布の旨みが効いた煮込み。
野菜料理は、日焼け予防のトマトをチリソースでマリネして、ひとくち冷製スープに仕立てたもの、夏野菜と春雨のスパイス炒めを。
デザートは、皮むきの鮮やかな黄色い緑豆(←変な表現ですが、そのまんまなんで)の、ココナッツミルクを予定しております。

湿邪と暑邪が勢いを増してくるこの季節、美味しく乗り切りましょう。
どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ