FC2ブログ
2014-10-12

セルフお灸

行楽シーズン到来、ということで。

遠方から泊りがけで奈良に観光に来られる方や、季節のお花を愛でに神社仏閣を訪れる方や、
サヴィの奈良特集号の効果も相まってか、色々な方が奈良に、そしてこのきたまちエリアに足を運んでくださってるようです。

そんな中、食と健康に関心を持って、ランチタイムは藍布のアジア薬膳で、と予定を立ててくださる方々もいらっしゃって、ありがたい限り。
少しでも込み合うと、らんぷ店主はお料理ご提供にひとりバタバタしてしまうので、
薬膳的な効能や、漢方的な考え方、アジアの食文化についてお話ししたくともできない状況になってしまうこともままあり、申し訳ない限りです。
これに懲りずに、ニッパチの暇な時期に再訪してくだされば、レクチャーばっちりです(爆

とまあ、くだらない冗談はさておき。
忙しいのは幸せなことで、仕込みも楽しく鼻歌歌いながらやっておりますが、
生身の体は当然そこそこ疲れます。
疲れを溜め込んでもなんのよいこともありません。
ためていいのは預貯金だけ(おいおい)、
疲労もお部屋のゴミと一緒で、こまめに棄て去るのが肝要。

で、最近ちょくちょくやっているのが、セルフお灸。
シロウトがやっても、そうそう火傷しないような使いやすいお灸が市販されてます。
(もちろん、取り扱いには要注意)

お灸をすえたり、足や肩周りのツボをこれまたシロウトながらもマッサージしながら、
毎日動いてくれている自分の体に、ありがとう。
動いて当たり前と思っている自分の手や足や肩や首に、今日も働いてくれてありがとう。

そんなふうに呟いてみると、忙しさでギュッと固まっていた体と心が、ゆるりとほどけます。

お灸やツボ・マッサージじゃなくても、
お風呂の湯船につかった時にでも、お試しください。

自分の体に、今日もありがとう、と。

141010_2101~01





スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ