FC2ブログ
2014-10-01

今年のキンモクセイ前線は

平年より急ぎ足で満開になっているようですね。

140928_0945~01

藍布の店の前にも、2階の窓まで届こうかと言うくらいの樹高のがありまして、
良い香りに包まれております。

秋を感じさせる典型的な香りですが、
気のせいか、きたまちにはこの金木犀を植えているお宅がとても多いように思います。
丁度、近鉄奈良駅からこの藍布界隈まで歩いてくると、どこを通ってもたいがいこの香り。

中国語では桂花(グイホァ)と言います。
中華料理屋さんのドリンクメニュウにある「桂花陳酒」、アレは確か白ワインをベースに桂花の香りを移したリキュールです。
中国ではほかにも桂花で甘いシロップを作って、茹でゴマ団子の茹で汁に入れたりします。

漢方薬膳的には、体を温めて気と血の巡りを良くするので、お腹の冷えからくる下痢や食欲不振、ストレスや肩こりにアプローチします。
この桂花とウーロン茶をブレンドしたお茶を「季節の養生ランチコース」でお出ししていますが、花の甘い香りとウーロン茶のきりっと硬質な香りのバランスが、なかなかです。
(って、らんぷ店主のオリジナル発想じゃなくて、ちゃんと桂花烏龍てのが中華圏にはあるんですけど)

ついでに言うと、桂花はキンモクセイなのに、桂皮、肉桂と言えばシナモンなんですなこれが。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ