2014-10-30

カボチャとインゲンの粒マスタードサラダ

前回の養生ランチコースのカボチャサラダの作り方です。

カボチャは種とワタを取って外皮を所どころ剥きます(ピーラーがあると便利)。
1センチ幅のくし形に切ったものを更に1センチ幅にサイコロに切ります(まあ食べやすいサイズで)。
ひたひたの水から茹でて、崩れない程度に軟らかく煮てザルにあげます。
インゲンは別に茹でて、1~2センチ長さに切っておきます。

ボウルにカボチャとインゲンを合わせ、塩コショウで軽くした味を。

和えるソースを用意します。
粒マスタード(乾燥してるマスタードシードじゃなくて、酢漬けにして瓶詰されたもの。ソーセージに付け合わせてるアレです)をメインに、酢、塩、オリーブオイル、そして少量のマヨネーズを合わせてつぶつぶ感たっぷりの、マヨネーズよりはゆるめのソースを作ります。

これをザクッと上記のかぼちゃ&インゲンに和える。
味を見て、薄味なら塩を、水気が足りなくてパサついた感じなら酢とオイルを、もっとマスタードきかせたいなら勿論それを足してください。

器に盛って、あれば砕いたクルミ或いはアーモンドを散らす。

朝のパン食のお共にもいいし、汁気が無いのでお弁当にも(酢が入ってるので結構保存ききます)。

カボチャは薬膳でいうと温性の野菜で体を温めます。
西洋の栄養学的に見ても血行を改善するビタミンEが豊富なので、これからの時期、指先が冷たくなるひとにおススメですね。
スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ