FC2ブログ
2014-10-27

今日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
141026_0645~01
お品書きは、

カボチャとインゲンの粒マスタードサラダ
大根と白菜の香味ドレッシングサラダ
薬膳スープ

そして、
141026_0650~01
牛肉と根菜の台湾式シチュウ
黒米とハト麦入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:杏仁ブラマンジェ
ベニバナ入り紅茶

行楽シーズンに正倉院展ほか奈良のお楽しみスポットのイベントシーズンが重なり、
遠方からお越しのお客様もちらほら。
秋の空はからりと気持ちよく晴れてよいのですが、日中は夏日を記録する日もあり、
一方日が暮れるとすうっと首の後ろから寒気が忍び込んで来たり。
体を潤すもの、ぬくもりを蓄えるもの、バランスよくとっていきたい時期です。

最初のカボチャサラダ、藍布では秋から冬にかけてお出しすることが多いのですが、
初めてのお客様に「なにで味付けしているの?」と何度かお尋ねいただいたので、
また別途レシピ紹介したいと思ってます。
体を温めて気を補うほくほくカボチャと、水捌きをよくするインゲンに、
秋冬の養生にぴったりのクルミのカリカリが合わさって、食感の違いも楽しいサラダ。
大根と白菜のサラダは、いずれの食材も体を潤して喉の炎症などを防いでくれますが、
涼性の食材を生食するので、ネギや白ごま、唐辛子などの薬味たっぷりドレッシングを合わせました。

メインは台湾の「肉じゃがのような」ビーフシチュウ。
牛肉に、ニンジンや玉ねぎ、ジャガイモなど根菜と、マッシュルームを入れています。
ベースは肉じゃが味ながら、たっぷりの挽きたて黒コショウと隠し味の唐辛子で、食べているうちにお腹がぽかぽかに。
ご飯には温め系の黒米を多め、涼性のハトムギ少な目にブレンドして炊きました。
デザートには、秋に積極的に食べたい、杏仁と貝母、肺と呼吸器を潤す二つの生薬が入ったブラマンジェ。
生薬入りとはいっても杏仁は杏仁豆腐に、貝母も中華圏の国々ではのど飴に使われているものなので、
スイーツと喧嘩するようなクスリ臭さはありません。
やはり季節がらか、「そういえば空咳出るのよー、カゼじゃなかったのね。」というお声も何度か頂戴しました。
養生茶は、引き続き、ベニバナ入りの紅茶です。

明日は店休日をいただきまして、明後日水曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで、皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、韓国風の炒り鳥です。体に必要な潤いを補う根菜たっぷり、ピリ甘辛なご飯の進む味付けです。
サラダにも、肺をケアする食材を使ったドレッシングを。冬に備えて免疫力を上げていくのにお役立ちな、きのこ類をたっぷり使った炒め物も予定してます。
デザートは、さつま芋のモンブラン。
どうぞお楽しみに。




プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ