FC2ブログ
2014-05-20

昨日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
140516_0651~01

お品書きは、
大豆とコーンのサラダ・フェンネル風味
厚揚げとキクラゲ・小松菜の福建風炒め
薬膳スープ
緑黄野菜と鶏のアラブ式トマトシチュウ
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:白ゴマと豆乳のブラマンジェ
バラの花入り紅茶

以上でございます。

夏日も出てきて乾燥注意報も出てきて、なので、徐々に潤い強化です。
大豆もコーンも体の中の水はけを良くし、気を補います。
新玉ねぎのみじん切りをベースにしたさっぱり味のドレッシングにフェンネルをアクセントに加えてさっと和えました。
フェンネル、スキッとした硬派な香りが特徴ですが、胃腸を温めて消化力アップしてくれる働きがあります。
お次の福建風炒めは、材料を福建や広東など中国の南の方や、シンガポールなどでよく使う真っ黒で塩味の薄い醤油を使います。
なので、見た目黒々としていても、意外に味は穏やか。
厚揚げもキクラゲも体内に潤い補給してくれますし、キクラゲは体内に取り込んでしまった異物を吸着して排出してくれるのです。
キクラゲは戻すのがひと手間ですが、下煮は要らないし買い置きも出来て意外に便利です。
メインは、インゲンやトマト、パプリカなどお肌を紫外線から守るビタミン類やフィトケミカルたっぷりの煮込みです。
クミンやコリアンダーシード、キャラウェイシードなど、中近東エリアでよく使われるスパイスを配合して入れているので、エキゾチックなトマトシチュウと言ったところ。
デザートも、白肌を目指すには白い食材、ということで、白ゴマと豆乳を使ったクリーミイなブラマンジェです。
白い食材がいいと言っても白砂糖や精製した小麦粉などの「人工的に白くした」食品ではないので、ご注意くださいね。
紅茶にはバラの花をブレンド。
体内の血の巡りを改善することにより、お肌のくすみやクマが改善されます。

今日は店休日を戴いておりまして、明日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
メインはベトナム風。疲労回復に効くビタミンが実は豊富な豚肉に、厚揚げと青菜を組み合わせたバランスの良い角煮風の煮込みです。
野菜料理に、いよいよキュウリ登場。
季節の薬膳と看板あげている以上、冷やす力の強いキュウリは去年の秋深まる頃からずっと使っていませんでしたが、
そろそろ解禁です。
でも、冷やしすぎないよう、ターメリックやチリペッパーを利かせたインドネシアのスパイスピクルス風で。
ターメリックに含まれるクルクミンと言う物質は脳の老化防止に非常にいい、という実験結果が公表されているのだそうですね。
実は最近、お客様とお話ししていて、これまで以上の急速な高齢化が進みそうなこの国、当店としても、「季節の養生」というコンセプトは継続しながら、さらに体と心のアンチエイジングがより期待できるような料理作りが必要だなあと思った次第。
少しづつですが、進化させていきたいなと考えています。
勿論、「食べてまず美味しいこと」が大前提ですが。
デザートは、カボチャのクリームにココナッツミルクです。
カボチャもまたビタミンACE(エース)と言って、抗酸化作用が高まるビタミンの組み合わせを有するエライ野菜です。

どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ