FC2ブログ
2014-05-13

昨日までの「季節の養生ランチコース」

こんな感じでしたー。
140510_0651~01

お品書きは、

トマトとにんじんのスイートチリソースサラダ
新キャベツの自家製塩麹漬け・陳皮風味
薬膳スープ
スリランカ風サバのココナッツカレー
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:八宝みつまめ
バラの花入り紅茶

以上でございます。

陽射しがググッと強くなってまいりましたね。
体の中からUVケア、それには鮮やかな色の野菜が活躍します。
そして、気温が上がっても比較的過ごしやすいのは湿度が低いから。
過ごしやすいけど、同時に空気も乾燥しているわけで、同時にお肌も乾燥注意報です。
適度に潤っている肌は乾燥肌に比べ日焼けの影響も受けにくいそうです。
化粧水外からパタパタも大事ですけど、やっぱりこれも内臓から潤わせましょう。

にんじんのチリソース、秋冬はドライフルーツやナッツ類と合わせることが多かったのですが、そろそろトマトの出番。
でもまだ体を冷やすトマトを生でばくばく、と言うシーズンではないので、少し量は控えめに。
にんじんのカロテンもトマトのリコピンも、上質のオイルと一緒に摂ると吸収が良いので、ほんの少しEXVオリーブオイルを回しかけてご提供。
新キャベツの塩糀漬けもこの春何度目かの登場ですが、今回は酢漬けの赤いパプリカを合わせました。
赤や黄色のパプリカはピーマンの仲間で、いずれも漢方的には気の巡りを改善してお腹の張りや食欲不振を改善したり、血行不良にも良いのです。
因みにパプリカってピーマンよりもカロテンの含有量が多いのだとか。

メインはサバを使ったスリランカのココナッツカレー。
予告で、サバ嫌いなひともオッケー!などと大口叩きましたが、いやホンマに今回いらっしゃったんですお客様で。
お二人連れで「美味しい美味しい」と完食して下さったのですが、
おひとりは「塩サバとか苦手。食べられなくはないけど自分では選ばない」と言う方、お連れ様は「前によそでタイカレー食べたんだけどココナッツミルクの匂いが嫌だった」と言う方。
実はあんまりメニュウ詳細見ずに養生ランチコースご注文下さったようです(^^;…。
でも、良かった~(ホッ
このカレーのベースは炒めトマトと玉ねぎです。
体を冷やさずにトマトの栄養をたっぷり摂る方法、カレーはおススメ。

デザートは藍布定番の八宝みつまめ。豆や雑穀をやわらかお粥状に炊いているので、消化もスムーズです。
らんぷ店主は店頭では「冷やししるこみたいななものです」と言っているけど、作り方としては甘いお粥と言った方が近いかな。
養生茶は、バラの花をたっぷり目にブレンドした紅茶。
気血の巡りをスムーズにして、お肌のくすみを解消します。

今日は一日定休日を戴いておりまして、明日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、中東。サウジアラビアやらチュニジアやら、あの辺で食べられている野菜と鶏肉のスパイス&トマト煮込み。
現地では羊の肉で作ると一番のご馳走ですが、羊の肉は体を温める作用がかなり強いので、夏日も増えてきた今頃にはちょっと熱がこもるかな、と、軽い仕上がりの鶏で行きます。
ラタトウィユにも似た感じ、でもやっぱりスパイスミックスの妙で、異国ーーーな感じです。
デザートは、潤い追求で、白ごまたっぷりと豆乳のブラマンジェ。
野菜料理は体の中の水はけを良くして、むくみや雨の日の頭痛を防ぐ、大豆とコーンの食感が楽しいサラダを。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ