FC2ブログ
2013-09-24

昨日までの養生ランチコース

こんな感じでした。
130920_1339~01

お品書きは

カボチャとインゲンのスパイスサラダ
コーンときゅうりのチリソースサラダ
薬膳スープ
黒目豆の中近東風カレー
緑豆と白ごま入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:ハトムギともち米・小豆のココナッツミルク
とうもろこしひげ茶

以上でございます。

暑さ寒さも彼岸まで…と、昔のひとは言ったけど、
暑いですよね昼間、結構。
30度越えの陽射しに空気は、でも、秋の乾いたものに変わりつつあるので、
汗をかいても知らぬ間に蒸発しているようです。
藍布に来られるお客様も、お席に着くやいなやコップの水を一気飲み、という方がちらほらおられます。

なので、養生ランチコースも、熱を取り除く食材を使いつつ、潤い補給、お疲れ軽減を目指す欲張りなコンセプトで参ります。

かぼちゃのサラダ、きゅうりのサラダ、
まったく違うタイプの二品ですが、どちらもナッツ類(カボチャにはアーモンド・きゅうりにはピーナッツ)を刻んでトッピングし、歯触りとコクと栄養プラスしたり、酢やライム汁を隠し味にしています。
前回の五味子の記事でも書きましたが、酸味は汗の出過ぎを防ぎ、甘酸っぱい味は体の中で必要な潤いを生み出します。

薬膳スープ、今週は、漢方に関心のある方が何名か来られていたせいか、生薬についてご質問をいただきました。
体の水を捌くもの、消化機能を助けるものに加え、肺を潤すものもそろそろちょっと入れて行っています。

メインは黒目豆のカレー。
写真でお判りでしょうか?やや「く」の字型に曲がった楕円のベージュ色の、ちょうど曲がったくぼみのあたりだけぽっちり黒い部分があるお豆さんです。
下茹でしていると、この黒い部分から色素が溶けてきて煮汁が小豆のようになります。

この豆に、トマトやピーマン、玉ねぎのサイコロ切りを山盛りあわせたカレーです。
辛さはさほどでもないのですが、体の中のあらゆる巡りが良くなるのか、食べているうちに汗が出てくるカレーです。

ごはんは、清熱解毒の緑豆に、肺を潤す白のすりごまを結構たっぷり入れて炊きました。
結構たっぷり、入れた割には白ごま地味なんで見えないんですけど(爆

デザートは、やはり体の水分代謝を助け、美肌にきくともいわれるハトムギをもち米少々と合わせて粥状に炊き、
小豆・ココナッツミルクと合わせました。
小豆もむくみなどに良いものですしね。
このデザートは男性の方にもなかなか好評でした。

今日は店休日をいただきまして、明日からはまたガラリと変わりましたアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
メインは、ちょっと秋を感じさせるサトイモや大根をたっぷり入れた、中国の家庭料理風のねぎ醤油煮込み。
野菜料理は、厚揚げやトマトなどお肌の潤い補給と紫外線ケアを考えた食材で。
デザートは、台湾の仙草ゼリーのアレンジです。
どうぞ、お楽しみに。


※ 9月29日(日)は、勝手ながら臨時休業いたします。




スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ