FC2ブログ
2013-08-26

昨日までの養生ランチコース

こんな感じでしたー。

130822_1422+01_convert_20130826072732.jpg

お品書きは

厚揚げのベトナム風トマト煮込み
キュウリのアチャール
薬膳スープ
豚バラ肉と野菜のタイ風しょうゆ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:緑豆のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

週末の大雨は凄かったですね。
まあ、連日の酷暑が途切れてくれたのはとても嬉しいのですが。
今日の奈良の最高気温予報は、26度だそうです。に、にじゅう…って、一気に10度マイナス!

余分な熱を取る事も勿論ですが、同時に、暑さ疲れの蓄積による体力低下を補うことも肝要。
漢方で言う「補気補陰」を意識した献立です。

厚揚げとトマト。味付けに魚醤。
日本人はまず考えつかないこの組み合わせ。
レシピだけ先に見たら「どんな味?!」と不安になるかもですが、
食べてビックリ、これがまた洋風でも中華風でもないけど、とても食べやすいおかずなのです。
豆腐もトマトも潤い(陰)を補います。
厚揚げを使うことで適度なボリュームが出ますね。
キュウリのアチャールは先月もお出ししたかと思いますが、
インドネシアのスパイスピクルス風なサラダです。
ターメリックやチリで食欲増進、酢を使ってるので疲労回復に期待できます。
薬膳スープは引き続き脾を助け水分代謝をよくする生薬を選んでいます。
豚バラのタイ風。五香粉(ウーシャンフェン)を使った角煮です。
華僑発祥の料理ながらタイに根付いていて、町の食堂や学食などでも定番メニュウ。
現地ではもう少し濃い目の味に肉と卵が定番ですが、
らんぷアレンジで、野菜を一緒に煮込んでいます。
今回はインゲンとえのきだけ。豆類・きのこ類は気を補いますから。
秋冬にこの煮込み作るなら、じゃが芋もあいますよ。まさにアジアのおでん!
豚肉は栄養学的にいえばビタミンB群豊富で疲労回復に。漢方で言うなら「補気補陰」なので、やっぱりお疲れ気味の体にはぴったりですね。
時間はかかるけれどじっくり煮込むと脂が浮いてくるので、それを取り除く作業を面倒臭がらずにすると、
柔らかくてかつ脂っこくない豚さんのお味を堪能できます。
デザートは、清熱解毒の優等生、緑豆を皮ごと冷やしぜんざいにしてココナッツミルクがけ。
これを作るときいつも、初めてタイで食べたときのことを思い出します。
タイ在住の友人の職場で、料理上手なタイ人スタッフが作ってくれました。
「美味しい、おいしーい」と言って食べる私の横で友人が、
「あ、これ日本人のお客さん向けやから、いつもよりだーいーぶー砂糖減らしてるワ。」
藍布のレシピは、だから、タイの家庭よりだーいーぶー甘さ控え目です。

この夏、あれ?と思ったのが、
「こないだここのランチ食べてからなんか元気になったワー。翌朝すっきり目が覚めた。」
「藍布のランチ食べてから職場に戻ったらその日はすごい仕事がはかどった。」
と言うお声を複数頂戴したこと。
勿論、ビックリ嬉しいことではあるのですが、
リポDやチオビタ鍋に入れてるわけでもないしなあ(入れたら大変)。
その即効性?は一体なんなのだろう、と。

で、ふと思ったのが、連日の酷暑猛暑で消化能力が低下していること、
あっさりひんやり口当たりの良いもの(カロリーはあっても低栄養)に手が伸びがち、
という方が結構いらっしゃるのかも。
漢方を学んで、薬膳を作るうえでまず大事にせねばと気付いたのは、
「食べ物はちゃんと消化吸収しないと栄養にならない」ということでした。
だから、猛暑に湿気攻めのこの夏はずっと、お腹に優しい、消化を助ける、と言うことを栄養バランスと等しく最優先にお作りしています。

そういう、ちょっと栄養不足気味なところに肉やゴハンや野菜が入って無理なく消化吸収されるに至ったので、活動のパワーが出た、と考えるのはちょっと自分に都合が良すぎ、でしょうか。


さて、藍布は本日から夏の臨時休業です(だから朝からPCに向かってる)。
9月4日までの長めのお休みなので、
きたまち住人の一部の方に、「らんぷさん、どっか海外へという噂聞きましたけど。」

いやいや、ガセですそれw

店の営業はお休みを戴きますが、だいたいはまあ店舗内で地味に作業してると思います。
でも、開業以来はじめてのまとまった休業でもありますので、
放電しっぱなしのらんぷ店主の脳みそも充電し、五感を研ぎ直しておきたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ