FC2ブログ
2013-06-16

西太后なパン

130614_0709+01_convert_20130616192553.jpg

と言うタイトルは、まあ、冗談で。

度々書いているように、らんぷ店主は基本コメっこですが、たまーに、美味しいパンを楽しむこともあります。
ちょいと洒落たブーランジュリーで買うなら天然酵母のハード系ナッツどっさりパン、が好みですが、写真はパ○コ超熟イングリッシュ○フィン(無意味な伏字)。

これ、スーパーで売ってる袋入りのパンの中では数少ないお気に入りでして。

コメは水を加えて炊きますが、パンはオーブンで水分を飛ばして焼き上げます。
だから、パンを食べるときには米飯よりずっと水分が必要。
それだけならいいのですが、裕次郎が「嵐を呼ぶ男」であるのと等しくパンは「油脂を呼ぶ食品」なのです(なにゆうとんねん)。

パンを美味しく食べるには、バター、チーズ、オリーブオイルなどなど、油っ気が欠かせません。
何も付けなくても美味しいわ、という類のパンには既に相当量の油脂が製造時に使われています。
クロワッサンとか、デニッシュとかね。
因みにインドの「ナン」も、作るところ見てたら「見なきゃ良かった…」ってぐらい、オイルふんだんに入れてます。

と、なんかぐだぐだ書いていますが、要するに、パンを食べるときはもう、そういうもんだと割り切って、オイリーでヘヴィなこってり感を楽しむのが上策かと。
だから、たまーに、なんです。らんぷ店主の場合はね。

で、写真のマフィンにトッピングしているのは「芝麻醤(ツーマージャン)」という中国の練りゴマと、蜂蜜。
マフィンは前もって軽くトーストしてますから、これ合体させて練りゴマがとろりとなったあたりでガブリと行くと、濃厚でうまーーーーーい。

真偽のほどは定かではありませんが、かの西太后は黒ごまと胡桃とをすりつぶして蜂蜜を合わせたものを常食していたそうで、還暦を過ぎてもお肌つやつや黒髪サラサラ、だったとか。

黒ごまに胡桃はどちらも老化に関わる腎を補う、今で言うアンチエイジングに役立つ食材。
蜂蜜も、気血を補う滋養食品です。

それから、らんぷ店主はこのブログでも藍布のカウンターでも「小麦製品であるパンは体を冷やします。」と再三言っています。
と、いうことは、「熱中症に注意いいいっ!」な今の時期、パンや麺を食べる回数を少し増やすのは、極めて季節の養生理論に適っている、とも言えますね。
とは言っても、三食とも粉モノというのはやはりバランスが良くないので、朝のパン食がスタンダードな方は、お昼は米飯、と言う風に調整されることをおススメします。

それにしても、この西太后マフィン(←怒られそう)、あっさり2セット完食。
ふわふわパン(たいてい、トランス脂肪酸含有)の魔力は怖いものです。











スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ