FC2ブログ
2013-06-06

梅雨のズル休み

例年より随分と早く入梅して、おお~っ、湿邪到来!と一瞬思ったものの…

降りませんね、雨。

ニュースの天気予報コーナーで気象予報士さんが「梅雨のズル休み」と。
なるほど。

で、ここ数日、農作物(の水不足)にご注意下さい、なんてコメントがもれなくついてきています。

と、いうことは、「天人合一」、人間も自然の一部である、とする漢方の考え方からすると、身体の水不足にも気をつけねばいけません。

かといって、冷たい水やお茶やましてや清涼飲料水やビールをがぶ飲みしても、人の体は潤いません。
お腹たぷたぷになって、冷えるかビール腹になるかがオチ。

水分を飲みもので摂るなら、少量をこまめに。
お腹のあまり丈夫でない方は特に、冷たい状態ではなく常温か、温かいお茶または白湯にしたいところですね。
らんぷ店主は、寝る前に小ぶりなコップ一杯の水を出しておき、朝起き抜けに飲みます。

果物や野菜に含まれる水分は、ゆるやかに吸収される分、体内に長時間潤いを保つことが出来ます。
身体の内側から潤っていれば、カラッと暑い日の外出も、日焼け防止に役立ちます。

130605_1104+01_convert_20130606193229.jpg

写真はスーパーのチラシ掲載本日のお買い得(←言わんでいいのに安モノ買い自慢する関西人)ブドウですが、玄関先の紫陽花の葉っぱちぎって洗ってあしらったら、なんだかプチ水まんじゅうみたいな涼しいビジュアルに。

トマトやキュウリももちろんいいですが、今の時期のジューシイな果物、甘みと酸味が共存していて潤い補給にぴったりアイテムです。
「酸甘化陰」と漢方では言いますが、酸味と甘味を一緒に摂ると「陰=潤い」に変化する、と言う考え方です。

スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ