2013-05-28

「生」から「長」へ

店休日の午前中は、よく猿沢池向こうの図書館へ行きます。
折角なので、奈良公園、興福寺の境内を突っ切って。

陰陽五行で言うと、春は万物が誕生する「生」の季節、
夏はそれらが成長する「長」の季節、と言う話を植物になぞらえて以前お話しました。

定点観測的に眺める奈良公園の鹿たちも、今まさに「長」のシーズンを迎えています。

130528_1004+01_convert_20130528183923.jpg

カメラを向けると「なーんだセンベイじゃないのか」とばかりに、ぷいっとそっぽ向いた鹿くん。
このコもあのコもどの牡鹿も、前に見たときより確かに数センチ、いや10センチは余裕で角が伸びてる。
枝分かれもして、かなり貫禄ついてきてます。
春先には、なんだか頭の上にタンコブ二つ、って感じだったのにねえ。

人間も勿論自然の中に生きるもの。
「いやーもういい歳だし、成長なんてそんなアハハ」とつぶやくあなたもらんぷ店主も、好むと好まざるとに関わらず、「長」の季節に影響は受けているのです。
上手く取り入れて、季節に沿った暮らしを心がけること、
それが「季節の養生」です。

この時期食べたいもの、控えたい食材などとも織り交ぜて、ブログやお店でお話していけたらと思います。


※ 6月1日(土)は、セミナー開催のため午後1時半までの営業とさせていただきます。ご了承下さい。

スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ