FC2ブログ
2012-06-22

じゃがいも煮っころがし五香粉風味

前回に引き続き、じゃがいもです。
串がすっと通るところまで茹でるのは同じ。
その後、茹で汁を少し捨ててヒタヒタより少なめの汁加減にして再び火にかけます。
砂糖・醤油で肉じゃが風の味付け(ご家庭によってはみりんや酒やだしの素を加えても)をし、五香粉を少々入れて味を含ませたら出来上がり。

あっさりした味付けで煮汁ごとよそって食べるもよし、少し濃いめにして煮詰めて汁気をとばし、冷ましてお弁当の一品にするもよし。

すぐに火が通る豚肉の薄切りを一口大に切って鍋に加えて一緒に煮込めばお手軽「中国風肉じゃが」です。
本式には固まり肉から煮込んで作りますが、このお手軽版でも豚肉と五香粉の相性っていいのでなかなかです。

そうそう、韓国の食堂でオーダーすると山のように出てくる「ミッパンチャン」(副菜、おそうざい、小さなおかず類)のひとつにやっぱり「じゃがいも煮っ転がし」があって、こちらは韓国版といえど、全然辛くないんですよ。
水あめと醤油とであまからこってり味にしてあって(小魚などの甘露煮の味付けに近いイメージね)、ゴハンが進みます。

あまりに身近すぎる野菜、じゃがいもですが、食べ応えあるし炭水化物多いしで、例えばダイエットなんかでは敬遠されがちですが、西洋医学的に見ると米と同じ重量でカロリーは半分ぐらいなんだそうです。

漢方では、気を補い、脾胃を助ける働きがあるとされ、胃痛や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに良いと言われます。
消化機能の働きを高めると言うことですから、食べたものの栄養をきちんと消化吸収する力をつけると言うことですね。

よくメディアで「○○(食材)には××(栄養素)がたっぷり!」「美容に良い××(栄養素)の含有量が高いサプリメントはこれ!」と紹介されますが、その栄養素××をきちんと自分の体内で吸収出来る状態であるのか、を考えることも時には必要じゃないかと思います。



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ