FC2ブログ
2012-02-06

簡単豆ご飯でダブル補気~1月「ゆったりお食事会」メニュウ

前回の豚の煮込み料理記事、アップしたつもりが下書き保存状態で数日眠ってました。
なんせ筋金入りのアナログ人間なもので…(汗
未だにディジタルなものに対しては苦手意識が強いです。
文章を考えるのは好きなのですが、記事更新のための作業が億劫で「生春巻巻いてるほうが簡単」と言って友人を呆れさせたこともあります。
いや実際そうなんだもん。

さてさてその豚煮込みのお供、黒米と炒り大豆の入ったゴハンです。
普通に大豆を入れるとなると前日から水につけて別に煮て置かなきゃとか、面倒なんですが、そのままカリポリ食べられる炒り大豆を使えば簡単。
米を研いで浸水させるときに加えるだけで良いのです。
こないだの節分の豆まきで残った豆があれば、早速使ってみてください。
黒米は、アントシアニンや鉄分その他のミネラルが豊富に含まれています。
黒い食べ物は漢方では「腎」を補うとされています。
不老長寿を願った秦の始皇帝も常食していたという説もあります。
腎は老化に関わる臓腑ですからね。
現代日本では自然食品とか健康食品を扱う店に置いていて、小袋で数百円とか皇帝ではない庶民には結構良いお値段しますけど、一度に使うのは少量ですから、1食あたりの材料費って、1個150円の菓子パンよりずっとお安いのです。

この、豆とか雑穀とかを白米にブレンドする割合ですが、勿論「お好みで」結構です。
らんぷ店主は「米一合に対して大さじ1」を基本として、その時々で加減しています。
炊くときに、ほんの少し塩を入れると雑穀や豆の個性が「美味しい」方向に向かうようです。
味をつけるわけではないので、ほんの少しでOK。

このほかの雑穀、アワやヒエ、キビなどは、それぞれ少しずつ働きは違いますが、共通して言えるのは脾つまり消化機能を助け、気を補う作用があるという点です。
豆類は補気のほかに利水作用、つまり体の中の水はけを良くする働きを持つものが多いです。
小豆などはこの利水作用が特に多いので、むくみが気になるひとは小豆ゴハンにすると良いですね。

主食に自分の体質や体調に合った雑穀や豆を採り入れると、おかずを変えれば飽きずに食べられるので、続けるためのコツと言えるかもしれません。






スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ