2012-01-29

お腹に優しいカブとクコの実のサラダ~1月「ゆったりお食事会」メニュウ

yuttari1no6.jpg

今が旬のカブにクコの実を加えた、浅漬け風のサラダです。
これは昨年末にお料理の依頼があって作った折にもブログでちょっと紹介しているので見覚えのある方もいらっしゃるかと。
で、そのときと、今回の「ゆったりお食事会」のときと、同様のご感想をいただきました。
曰く「幾らでも食べられる」。
材料も作り方もとてもシンプルです。

カブはよく洗って皮ごと薄いいちょう切りにします
塩少々振ってよく混ぜ合わせ、しんなりしてきたらざるに揚げて自然に水気を切ります。
ぎゅうぎゅう揉んだり絞らなくても大丈夫。
クコの実は酢に浸して柔らかく戻して置きます。
水気を切ったカブと柔らかくなったクコの実(つけた酢ごと)をボウルにあわせ、胡椒・酢・オリーブ油で調味。
そのまま盛ってもいいですが、今回は青じその葉を敷いた上に盛り付けました。
色のコントラストもきれいだし味の相性もバッチリ、温める力もアップします。

カブはお腹を温めて肺を潤します。
クコは「肝」を補い、青じそは気を巡らせる働きがあります。
「肝」は情緒や自律神経と関わりの深い臓で、強いストレスなどがかかると五臓の相関関係のバランスが崩れて「脾」(消化機能)の働きを抑えてしまうことがあります。
「仕事のストレスで胃が痛む」などは、この状態かもしれませんね。
そんな時にイラッとした勢いで味の濃いものや脂っこいものを「やけ食い」してしまうと余計に胃腸に負担がかかることになりかねません。
このサラダは和えてすぐよりも、数時間たってカブがよりしんなりした頃が美味しく召し上がっていただけます。
常備菜として冷蔵庫にしまっておくと残業帰りの晩ご飯にも1品、間に合います。

お食事会ご参加の方から早速「作ってみようと買い物に行ったらクコの実が手に入らなかったのでカブだけで作りましたが美味しくできました」という旨のご感想をいただき嬉しく思いました。
そう、とりあえず使える材料で作ってみるのが一番のコツ。
アジアの家庭薬膳は、これを入れなければダメ、というものではないです。
薬効は少し変わりますが、冷凍コーンをさっと湯がいて合わせても、これはこれで彩りも明るくなるしコーンの甘みがきいて、らんぷ店主は結構好きです。
あ、因みにコーンは体の余分な水分を出し、むくみなどに効く食べ物です。
スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ