FC2ブログ
2011-11-29

簡単!ブリキムチ

burikimchi.jpg

らんぷ店主が今、出稼ぎに行っているのは魚がウリの和食メインのお店です。
お蔭様で、実は今までちょっと億劫だった魚介の料理がより身近なものになりました。
藍布でも、韓国風のサバ煮込みや、魚を使ったココナツカレーなどお出ししていたのですが、魚の煮込みは作り置きにあまり向かないのですね。
鶏手羽のスープや豚ばら肉の煮込みなどは、鍋にたっぷり作って次の日もまたおいしい、と言うことが可能ですが、煮魚ってその日のうちに食べきって、ニオイのついた鍋も洗っちゃいたいじゃないですか。
だから、一人や二人の料理だと、今食べる分だけ焼くのが一番。
天満市場には魚屋さんが何軒もあって、その日捌いたイキの良い…ここは広東語でサーンマーン(生猛:食材が新鮮なさま)と言ってみたい…魚介が並んでいます。
きれいに並んだお造り用・立派な切り身の横に、カマだけまとめたもの・切り身の端っこだけ集めたものをお得価格でパック詰めしたものが置いてあることも多い。
今回はその端っこブリを使ってみました。
写真じゃ判りにくいけど、手前が白菜キムチ、奥のほうに覗いているのがブリです。
いつもの塩焼きもシンプルで飽きないけど、ちょっと違う味付けでパンチの効いたものを、でも面倒な手間はかけたくないときに。

アルミホイルの上に、軽めに塩を振ったブリの切り身を乗せ、グリルで両面焼きます。
おウチのコンロに魚焼き用グリルがついていない、焼き網もないなら、トースターで焼くというテもあります。
9分どおり焼けたら、白菜キムチを漬け汁ごと、好みの量ブリの上にのっけて、キムチが焦げないようにちょっとだけ焼いたら、出来上がり。
魚の旨みとキムチの旨みの混ざった汁が調味の主役なので、こぼさないようにアルミホイルごと、お皿に移してください。
キムチは食べちゃって、漬け汁だけ容器の底に残ってる、なんていうのでも勿論OKです。
むしろそういうちょっと酸味の強い醗酵の進んだキムチ(汁)の方が、加熱すると旨みが増します。

豚キムチならぬ・ブリ大根ならぬ「ブリキムチ」。
洗い物も少なくてすむし、いいですよ~♪





プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ