2011-10-31

マグロの血合いで補血

chiaikochujanitame.jpg

血を補うには「赤い」食べ物。
判りやすいのがレバーや赤身の肉ですね。
魚もやっぱり赤いもの、ということで、マグロの血合い、買って来ました。
鉄分などミネラル豊富だけど、脂肪の旨みが無いのとその「鉄っぽい味」ゆえにあんまり美味しくない。
なので、お刺身用にさく取りしたあとの血合いがパックに詰められて安く売られていたりするわけです。

簡単に美味しく食べるには竜田揚げにする手もありますが、揚げずにコクと旨みをプラスするにはどうしたら…と考え、思いつきでやってみたのがコレ。
お!なかなかイケる味~、になったのでご紹介します。

マグロと玉葱のコチュジャン炒め

マグロの血合いは小さ目の一口大に切って塩胡椒と片栗粉を少々まぶして置きます。
玉葱は1センチ幅ぐらいのくし切りに。
にんにく1~2かけは叩いて荒く刻んでおきます。

フライパンに油とニンニクを入れて火にかけ、良い香りがしてきたら玉葱を入れてやや透き通るまで炒め、取り出して置きます。
フライパンに軽く油を足して今度はマグロを炒めます。
粉をまぶしているのでフライパンの表面にこびりつきますが、焦げる前にこそげます(このとき、酒を少々入れてもいい)。
玉葱を鍋に戻して全体に火が通るまで炒め合わせ、あわせ調味料(下記参照)を回し入れて味付け、出来上がりです。

あわせ調味料:コチュジャン大さじ1、醤油大さじ2、砂糖小さじ2~3の割合で混ぜておく。
因みにこのあわせ調味料で豚のひき肉を炒めると、ゴハンが進んで仕方ない!肉味噌が出来上がります。

片栗粉をまぶすことでマグロの表面にとろみがつき、コクのあるピリ辛甘味がマグロの「鉄っぽさ」と勝負してくれます。
炒め玉葱の甘味もポイントですね。
マグロよりも玉葱多めにすると美味しいです。

写真は、彩りに大根にくっついていた茎の部分を湯がいて小口に切ったのを散らしました。
炒める油は普通のサラダ油でも良いしごま油でも、またそれらを半々でも。

しっかり濃い味にして、あつあつゴハンに乗せて「どんぶり」にするのがおススメです。
卵の黄身を落としてすりゴマ振って、ビビンバ風にするのも良いですね。

玉葱は血の巡りをスムーズにしてくれるし、ニンニクやコチュジャンで体が温まるし、「活血養血」のおかず、というところでしょうか。







スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ