FC2ブログ
2011-09-08

畑とバンブーハウス~広東・香港の旅から

zhongshan4.jpg

友人Zさんや、中山市に住む日本人数名が共同でプロジェクトを進めているという農園に行ってきました。
市内から高速を飛ばしても1時間以上かかる、北部の村です。

写真は、畑の隣に建築中のバンブーハウスです。
ホントに竹で出来ています。
1階部分は畑で取れたものを加工・保存するスペース、2階に食事や居住?スペースを予定しているようです。
らんぷ店主が訪ねたときはまだ、内部はこれから、という段階でした。
因みにその日は、バンブーハウス右側にトイレ・シャワー室が着々と?!建てられつつありました。
見ている間にレンガが積み上げられセメントが塗られ…、途中で施主側から「窓はこっち側じゃなくて向こうの水路側につけたほうがいい」とクレームが入ると、積み上げたレンガを鑿でガンガン叩いて穴を開け、窓として開けておいた穴を適当な大きさのレンガを詰め込んで埋め込み…、ううーむ、なんというかフレキシブル。
でも、シャワー室とトイレ2室の並べ方が当初の指示と逆になってしまって、そっちは変更不可らしく…。

「ここはこうやって、って言いうと『ヨシ判った』って言うんだけどさあ、出来上がってみるとこっちの言ったのと違うんだよね~。」
「図面わたせばいいんじゃないんですか?」
「図面渡したらさ、『なくした』って言うんだよね~。」
「…。」

なかなかアドベンチャラスな建築過程のようでありました。

畑の方は、土が元々粘土質で、改良が大変だそうです。
それでも少しづつ、試行錯誤で色々な野菜の苗を植えて、「上手く出来たら儲けもの」ぐらいの気持ちでチャレンジしている様子。
このときは、2~3ヶ月で収穫可能な菜っ葉やフルーツ類をメインに植えているとのことでした。

あれから2ヶ月。
今ごろは何が実ってるのかな。

トイレちゃんと出来上がったかな。





スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ