FC2ブログ
2011-04-11

茨城の卵の話・その3

ibaragiegg2.jpg

茨城の有機農家のSさんの卵、卵かけご飯やすき焼でそのまま味わったり、肉の煮込み料理の鍋にポンと割りいれて半熟の煮卵を楽しんだりしましたが、ちょいと料理らしきものを。

中国の家庭料理の定番、「卵とトマト炒め」。
これ、前にも紹介しましたっけ。炒めたのに水を注いで味付けした「卵とトマトのスープ」もこれまた超定番の中国おばんざい。

日本のトマトは生食向きのため加熱すると酸味が立ってしまうので、普通はイタリアントマトの水煮を良く使います。
今回はたまたま、完熟の有機トマトを買っていて、実がしっかり詰まって味も濃かったので、それを使ってみました。

フライパンに油を敷いて、ちょっとあったまったらざく切りトマトを入れます。
ざっと炒めてとき卵を加え、大きくかき混ぜてから卵がまだ少し生っぽいうちに塩コショウし、火を止めます。

キレイに作ろうと思ったら、ほんとはトマトと卵別々に炒めて最後に合わせるといいんですけどね、一緒に炒めちゃっても構いません。
但し、トマトが潰れすぎないよう、卵が固くならないよう、木ベラなどで大きく優しく混ぜ合わせ、火からおろすタイミングに気をつけてください。

卵とトマト、どちらも今回は素材の味が濃いので、塩コショウだけで充分でした。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ