FC2ブログ
2011-03-09

本日のオヤツ

110305_cake.jpg


いきなりフェイントかますみたいで恐縮ですが、この写真はらんぷ店主の「本日」のオヤツではありません(笑)。
暫く前に焼いたチョコレートとドライフルーツのケーキなんですが、友人にちょっと持っていったら翌日の残業時のオヤツにしたと喜んでくれたメールが来て「すごくお酒の風味が残って濃厚だったけど、焼いたらアルコール飛んじゃわないんですか?」と不思議がっていました。
そこでタネ明かしをば。
なんてこと無いんですが。

ケーキの生地に入れ込むドライフルーツ(このときはナツメとグリーンレーズン)は、いずれもウイスキーとかブランデーまたは焼酎などの度数の高い蒸留酒に漬け込んでおいたのを使います。
更に、焼きあがってまだ熱々のときに、上からそのフルーツを漬けていたお酒を適宜、回しかけます。
ジュウウウッと言いながら染みこんでいくその音を聞くと、なんか美味しさアップしてくれそうで。

遥か昔、何かの本で読んだイギリスのクリスマス・プディングの作り方で、最後にブランデーをどぼどぼ回しかけ、保存の間にも(クリスマスの数週間前に作って熟成させるので)ときどき刷毛でお酒を塗る、と言うような記述がアタマに残っていて、アルコール入りのケーキを作るときはいつもこんな感じで仕上げています。

さて本題の今日のオヤツですが、耳鼻科に行った帰りに「玄米とライ麦入りのイングリッシュマフィン」と言うのを見つけまして、あ、コレに白ゴマペーストと蜂蜜を塗ってオヤツにしよう、と。

そう、白ゴマも蜂蜜も、ここ数日らんぷ店主が大騒ぎしている(声が出ないのでサイレントで騒いでるわけですが。なんかチャップリン状態ですね)「喉にやさしい」食材です。
で、写真とる前にペロリと胃袋に収めてしまいました(笑)。
まあ、確か以前にもこのオヤツの話はブログでしていたと思うので…。

幸い、声も地声に近づいてきて、咳も減ってきました。
耳鼻科のセンセも「(仕事しても良いけど)声出す時は、ちょっと控えめに、張り上げたりせんようにね。」

そうそう、帰宅途中、信号待ちをボーっとしていると、「スミマセーン…」と、若い女の子2人組が道を訊きたげによってきて後は無言でガイドブックを広げて見せてくれたはいいんですが、全部ハングル文字でした
おいおい。

よく見ると、天6の博物館のことだと判ったので、テキトーな英語と3つぐらいの韓国語を(愛想がわりに)交えて説明。「アリガトー、スミマセーン。」と言って去ってゆきました。

何故からんぷ店主は昔からよく道を訊かれるので、普段ならまたかと思う程度なのですが、このときはメガネにマスクにキャップという、顔面ほぼプロテクトないでたちだったので、韓国のお嬢さんたちは何を思って話しかけてきたのか…。












スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ